COLUMN

コラム

2020.11.24

IGP ROBOTICSと三越伊勢丹が、コロナ禍での新しい顧客体験として、ロボットを活用したB2B領域のソリューションをスタート  ~12月1日(火)~25日(金)FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMAにて~

Print

三越伊勢丹法人事業部は、法人・団体のお客さま向けの新たなソリューション提供します

IGP ROBOTICS株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:青柳 和洋、以下「 IGP ROBOTICS」)と株式会社三越伊勢丹(本社:東京都新宿区、代表取締役社長執行役員:杉江 俊彦、以下「三越伊勢丹」)は、withコロナに対応した新たな体験創出とロボット販売を進めて行くことを目的とした、協業でのサービス提供を開始いたします。今後、IGP ROBOTICSは、複数のロボットを安心して活用できるプラットフォーマーとして、人とロボットが共生する社会を創ることを目指し、各種ロボットの導入を進めていきます。三越伊勢丹は、課題解決のソリューション、ビジネススキームの構築、サービス提供を含めたプランニングから商品の開発や調達まで、法人のお客さまのパートナーとして、三越伊勢丹グループのネットワークを生かしたご提案に取り組んでいきます。

取り組みの目的

サービスロボットのローカライズとグロース支援を行うIGP ROBOTICSは、小売店舗・サービス業及び医療機関を中心に、ロボットを活用した新たな体験創出に取り組んでおり、三越伊勢丹は、新型コロナウイルス感染拡大防止策を徹底し、安心・安全な店舗運営に取り組んでおります。今回、両社が業務提携することで、ロボットを活用したwithコロナに対応した新たな店舗体験の創出を目指すとともに、店舗・施設をお持ちの法人のお客さまに対し、各種ロボットの販売・導入を支援していきます。

  • 実店舗でのロボット活用スタート

12月1日(火)~25日(金)、ロボット活用のモデルケース第一弾として、株式会社三越伊勢丹プロパティ・デザインが運営する「FOOD & TIME ISETAN YOKOHAMA」のクリスマスキャンペーン向けに、検温・案内機能を持つAIコミュニケーションロボット「Cruzr Anti-Epidemicモデル(UBTECH社製)」を、国内の商業施設で初めて導入いたします。安心・安全な環境のご提供だけでなく、SNSなどの情報発信や音声コミュニケーションにより、楽しくクリスマスらしいお買物空間のご提供にも取り組んでいきます。

取り扱いロボットについて

今回のモデルケースに利用する検温・案内機能を持つAIコミュニケーションロボット「Cruzr Anti-Epidemicモデル(UBTECH社製)」。「Cruzr Anti-Epidemicモデル」は、自動でマップを作成し、施設内を自在に移動。顔認証機能でお客さまを特定し、サーモカメラにより発熱状況を把握したうえで、日本語でコミュニケーションをとることが可能です。今後、各種施設において、withコロナを見据えて必要とされるロボットの取り扱いを順次拡大していきます。  

  •  

【ロボット情報】

大きさ: 高さ:1393mm×幅:650mm×縦:537mm
重さ: 46kg
画面: 11.6インチ タッチパネル 1920×1080
稼働時間: 8時間
ネットワーク: WiFi
移動速度: 0.3m/s, 0.5m/s, 0.7m/s(3段階で調整可能)

お問い合わせ(法人・団体さまからのご相談)

現在、多くの法人・団体の皆さまは、新型コロナウィルスの影響を受け、安全対応を徹底したうえで、新しい体験を提供することが求められています。ロボットに使われているテクノロジーは、急速に進化してきており、これまでは人にしか出来なかった業務の一部をロボットが行えるようになりました。IGP ROBOTICSと連携し、世界中から優れたロボットのご提案や日本語エンジンも開発し、貴社にあったものをご提案させていただききます。

三越伊勢丹法人事業部は、店舗・施設をお持ちの法人のお客様の窓口として、導入支援・販売を行ってまいります。下記のお問合せフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

 

 

 

PICKUP

#おくる防災

#おくる防災

2月22日(月) から

「人と時代をつなぐ」つなぐ想いインタビュームービー

「人と時代をつなぐ」つなぐ想いインタビュームービー

1月29日(金) から

記念品・福利厚生品のご案内

記念品・福利厚生品のご案内

1月27日(水) から