トップ >> 各店舗のご紹介

各店舗のご紹介

三越伊勢丹は、新宿、日本橋をはじめ、9店舗を展開。
各地域の特性をつかみ、地域のお客さまに愛される百貨店を実現しています。
それぞれの地域で個性を発揮する各店の魅力をご紹介いたします。

伊勢丹新宿本店 世界最高のファッションミュージアムをめざしています。

新宿本店は三越伊勢丹の「フラッグストア」として、そのファッション感度の高さから、多くの方々から支持を集め、日々さまざまな国籍、年代のお客さまがご来店されます。2013年3月には、「百貨店のあるべき姿」をめざし、婦人フロアが新しくオープンいたしました。MD、商品展開、仕掛け、サービス、環境の5つの提供価値を進化・融合することで「世界最高のファッションミュージアムを」をめざしています。その中で、販売員たちは、多くの方々との出会いの中から学び習得した知識を生かしながら、お客さまに感動を与えられる接客を心掛けています。常にファッション感度が高く、活気ある環境の中で仕事ができること。これが新宿本店で働く一番の魅力です。

◆店舗面積:70,325㎡ ◆売上高:2,654.5億円(2013年度) ◆開店年月日:1933年(昭和8)年9月28日 ◆従業員数:社員859人、メイト社員699人、フェロー社員・エルダーフェロー761人、その他96人(2014年4月現在)

三越日本橋本店 340年の歴史に培われた世界最高のおもてなしを実現いたします。

340年の歴史を誇る日本橋本店は、1673年(延宝元)年に「店前現銀売り(たなさきげんきんうり)*1」や「現銀掛値無し(げんきんかけねなし)*2」を始めた三井高利が「越後屋」として創業いたしました。1999年4月には日本橋地区の顔として「東京都選定歴史的建造物」に選ばれています。本館正面玄関では、待ち合わせの場所として親しまれる「三越の守護神」とも言うべき「ライオン像」がお客さまをお迎えし、メイン通路を抜けると、その豪華絢爛な美しさの「天女(まごころ)像」がそびえ立っています。このほかにも歌舞伎・演劇等が催される三越劇場本館屋上には三圍神社などを備えためずらしい施設として、多くのお客さまに喜ばれています。日本文化発信の拠点として、商品・接客・環境すべての面で世界最高のおもてなしを実現できるソフトとハードが日本橋本店には揃っております。

  • *1  当時としては画期的であった、現金での取引をすることで、正札付きで掛け値もなしで商品を売ること
  • *2  お客さまによって値段を上げ下げするのが慣習だった当時の商法を、正札をつけて現銀売りをとなえ、安心して安い値段の商品を買えるということ

◆店舗面積:62,580㎡ ◆売上高:1,736.4億円(2013年度)*恵比寿店、多摩センター店、サンシャインシティアルタ店、新宿アルタ店、小型店を含みます。◆開店年月日:1673年(延宝元年)年8月◆従業員数:社員629人、メイト社員244人、フェロー社員・エルダーフェロー312人、その他140人(2014年4月現在)

三越銀座店 世界の銀座のランドマークとして銀座スタイルを追求しています。

いつの時代も国内外の新しい文化をいち早く取り入れ、新しいスタイルを想像してきた街、銀座。その地に店を構えて80年、2010年9月に生まれ変わった銀座店は、「銀座ならでは」「銀座らしさ」にこだわった店舗づくりをしています。
バリアフリー化や託児所を設けるなど、銀座の街全体の活性化に寄与し、改装以来銀座の新たなランドマークとなるべく、訪れる人の「マイデパートメントストア」を目指し、多くの銀座来街者・外国人顧客に喜んでいただいております。
モノの新しさだけでなく、心の豊かさまでも追及する、お客さまの生活「衣食住遊知」のすべてにわたり「銀座ならでは」「銀座らしさ」の新しい生活スタイルを提供すること、絶えず半歩、一歩先の価値を提供することを一緒にめざしてみませんか。

◆店舗面積:36,566㎡ ◆売上高:692.2億円(2013年度) ◆開店年月日:1930年(昭和5年)年4月10日 ◆従業員数:社員271人、メイト社員235人、フェロー社員・エルダーフェロー162人、その他34人(2014年4月現在)

伊勢丹立川店 多摩地区最大の百貨店。腕のふるいがあります。

ゆったりとした空間が自慢の立川店は、多摩地区最大の百貨店。古くからのお客さまに加え、OL、学生の方も多く来店されます。気軽に何度もご来店いただける魅力ある品揃えとともに、グレードステイタス性をもつインターナショナルブランドも充実。情報発信の場として活用される“アイビジョン”など他店にない楽しい仕掛けもあります。お客さまにとって良いことと思われることは積極的にやらせてもらえる職場環境なので、販売員として存分に腕がふるえますよ。

◆店舗面積:34,381㎡ ◆売上高:396.4億円(2013年度) ◆開店年月日:1947年(昭和22)年10月10日 ◆従業員数:社員139人、メイト社員143人、フェロー社員・エルダーフェロー404人、その他24人(2014年4月現在)

伊勢丹松戸店 2013年10月に、新しいコンセプトのもと、大きく生まれ変わりました。

江戸時代、水戸街道の宿場町として栄え、川と緑に囲まれ、歴史と文化に触れあえる街、松戸市の中心部に位置する松戸店は、元々何度も足を運んでくださるお得意さまが多いのが特徴で、販売員と数多くのお客さまがお互いに名前で呼び合える関係を築き上げてきました。そして、2013年10月には、『こどもが、まんなか』をキーワードに、「地元に密着し、親子三世代(子育てファミリー)のご要望にお応えする『みんなで集えるマイストア』の実現」をストアコンセプトに 地域の新しいニーズを汲み取るべく、新しく生まれ変わり、さらに地域のお客さまに愛されるよう取り組んでおります。

◆店舗面積:32,432㎡ ◆売上高:213.3億円(2013年度) ◆開店年月日:1974年(昭和49)年4月19日 ◆従業員数:社員87人、メイト社員62人、フェロー社員・エルダーフェロー228人、その他25人(2014年4月現在)

伊勢丹浦和店 2011年に30周年を迎え、「浦和スタイル」を提案していきます。

関東以北の郊外百貨店のなかでは抜群の存在感を誇る浦和店。地域密着の店づくりだけでなく、都心の百貨店に負けない高いファッション性と、地元のお客さまのニーズにお応えした品揃えを両立させ、華やかで楽しいお店を実現しています。2010年10月には、あらたに食品がリモデルオープンし、フードアテンダントを中心に「あたらしい食の発信」をしています。百貨店の強みである全館アテンダントを積極的に実践し、浦和の店にいらっしゃるお客さまを、従業員全員でお出迎えしています。

◆店舗面積:32,256㎡ ◆売上高:441.3億円(2013年度) ◆開店年月日:1981年(昭和56)年4月22日 ◆従業員数:社員166人、メイト社員170人、フェロー社員・エルダーフェロー377人、その他32人(2014年4月現在)

伊勢丹相模原店 太陽と月のシンボルマーク、神奈川県唯一の店舗です。

小田急線相模大野駅から徒歩3分。コリドー通りの突き当たりに相模原店があります。大きな吹き抜けのある本館と、リビングを中心としたA・B館から成り立つ相模原店には、隣接の「グリーンホール相模大野」や「相模中央公園」と一体となって、多くのお客さまが来店されています。 2010年9月には、20周年を迎え「20周年さらなる絆、笑顔とともに」をスローガンに、従業員一人ひとりが20年間支えてくださったお客さまに感謝の気持ちを込め、様々な取り組みを実行し喜んでいただきました。今後もお客さまとの絆を深めていきます。相模原店だけがもつシンボルマークには、「三越伊勢丹とお客さまがいつも太陽と月のように強い絆で結ばれるように。」そんな想いがこめられています。

◆店舗面積:38,538㎡ ◆売上高:255.0億円(2013年度) ◆開店年月日:1990年(平成2)年9月25日 ◆従業員数:社員118人、メイト社員85人、フェロー社員・エルダーフェロー299人、その他15人(2014年4月現在)

伊勢丹府中店 「お客さま第一」をモットーに、「この町ですくすくと。」

2011年に15周年を迎えた府中店は、新宿から20分の水と緑に溢れ、今なお人口増加が続く府中市に立地しています。目の前には1900年の歴史があり多くのお祭りで賑わう大國魂神社があり、そして街を愛するお客さまにご利用いただき、とても恵まれた環境にあります。また、8階従業員食堂からは富士山を眺望でき、「働く場」としての環境も抜群。従業員一人ひとりが自分の個性を活かし、明確な目標に向かって能力を発揮しています。府中店のモットーは「お客さま第一」。お客さまとしっかりと向き合い、親切丁寧に明るく真心のこもった接客を行なうことで、今までもそしてこれからも府中店は成長していきます。

◆店舗面積:29,416㎡ ◆売上高:208.5億円(2013年度) ◆開店年月日:1996年(平成8)年4月3日 ◆従業員数:社員94人、メイト社員73人、フェロー社員・エルダーフェロー254人、その他20人(2014年4月現在)