ENTRY MYPAGE
お客さま目線の「お買場」を作る
セールスマネージャーの仕事。
株式会社 静岡伊勢丹
営業統括部
エレガンス・クローバー セールスマネージャー 兼 バイヤー
平田千尋
(2002年入社)

入社を決めた理由について

「接客の仕事」 と 「仕掛け人」 になること。両立できるのが 「百貨店」 だった。
大学時代のアルバイトの経験から接客に興味を持つようになり、社会人になっても接客業を極めていきたいと思ったことがきっかけでした。また周囲の人を“驚かせる”“楽しませる”ことが好きで、「プロデューサー」や「仕掛け人」になりたいと考えていました。この2つの希望と合致していた仕事がまさに「百貨店」でした。旬なアイテムや流行の情報をいち早く発信しているということにも単純に「かっこいいな」と魅力を感じていました。憧れの場所で“自分のやりたいことをカタチにしたい”、“より多くの人に感動をしてもらいたい”と考え入社を決めました。

現在の仕事内容について

『お客さまの負担や不満を解消できることは何か』を追究していきたい。
婦人服、肌着、フォーマルウェアを取り扱っている3階フロアの責任者で、セールスマネージャーという役職に就いています。半期のシーズン計画や2ヶ月先のフロアの売出計画などを立案し、その計画を実行しお客さまにご満足いただく結果を出すために、メンバーに指示を出します。お買場での「商品」「展開」「販売」の指揮をとり、お客さま目線での提案ができているかを常にチェックし改善するのが日々の仕事です。
そして目下の目標は“お客さまの生活に密着し、負担や不満を解消することで感動をもたらすことのできる商品やサービスを提案し続けること”です。例えば時間に追われて忙しいお客さまがいらっしゃったら「追われている時間を減らすサービス」などです。商品を販売するだけではなく、新しいサービスの提案を積極的に発信していきたいと考えています。
一人ひとりのお客さまに寄り添い、
お客さまへ感動を届ける。
どんなにテクノロジーが発達しても、
その魅力は変わらない。
株式会社 静岡伊勢丹
営業統括部
エレガンス・クローバー
トップス & ボトムス ブロックリーダー
大庫江里香
(2015年入社)

百貨店の可能性とは

衣・食・住すべてに関わることができるから、
お客さまにトータルなライフスタイルの提案ができる。
現在、私は静岡伊勢丹4階の婦人服のフロアでブロックリーダーを務めています。入社1年目に接客を担当してからは、商品開発やサブブロックリーダーなど様々な経験を積み、商品を仕入れて売るまでの一通りの流れを理解できるようになりました。そこで強く感じているのは、お客さまの声を毎日のように直接聞くことができる百貨店の魅力です。お客さまのご意見をしっかりと受け取り、一人ひとりのお客さまにマッチしたご提案につなげていくことはもちろん、商品開発、お買場の展開に活かしていく。それはまさに、EC販売やAIではできないことだと思うのです。また、衣食住すべてのカテゴリにわたってお客さまにご提案できることも百貨店の大きな強みです。私も「傾聴力」を大切に、お客さまに対してライフスタイルをトータルに提案していけるような人材になっていきたいと思います。

学生の皆さんへのメッセージ

自分が活き活きと働ける環境を
じっくりと見定めて、悔いのない就職活動を。
東京の大学に通っていた私は、地元静岡の活性化に関わる仕事がしたいと、地元で就職活動を行いました。当時から、私は入社した会社でずっと仕事に邁進したい、そのためには自分に合った会社をじっくりと見定めたいと思っていました。静岡伊勢丹は地域密着の姿勢を打ち出しており、地元の商店街と連携したイベントなど様々な地域活性化の取り組みを行っている会社であることを事前に調べ、興味を持ちました。また、インターンシップにも参加し、様々なことに挑戦できる風土があることを知り、自分が活躍できる会社だと確信できました。社会人になれば、仕事は自分の時間の大部分を占めることになります。学生の皆さんには、これからの人生を活き活きと過ごすためにも、ぜひじっくりと会社研究を行い、悔いのない就職活動をしてほしいと思います。
エントリー※ グループ各社共通