ENTRY MYPAGE
お客さま目線の「お買場」を作る
セールスマネージャーの仕事。
株式会社 静岡伊勢丹
営業統括部
ヤングブランド・カジュアル兼ハンドバッグ・ライフスタイル雑貨
セールスマネージャー
平田千尋
(2002年入社)

入社を決めた理由について

「接客の仕事」 と 「仕掛け人」 になること。両立できるのが 「百貨店」 だった。
大学時代のアルバイトの経験から接客に興味を持つようになり、社会人になっても接客業を極めていきたいと思ったことがきっかけでした。また周囲の人を“驚かせる”“楽しませる”ことが好きで、「プロデューサー」や「仕掛け人」になりたいと考えていました。この2つの希望と合致していた仕事がまさに「百貨店」でした。旬なアイテムや流行の情報をいち早く発信しているということにも単純に「かっこいいな」と魅力を感じていました。憧れの場所で“自分のやりたいことをカタチにしたい”、“より多くの人に感動をしてもらいたい”と考え入社を決めました。

現在の仕事内容について

『お客さまの負担や不満を解消できることは何か』を追究していきたい。
婦人服、肌着、フォーマルウェアを取り扱っている3階フロアの責任者で、セールスマネージャーという役職に就いています。半期のシーズン計画や2ヶ月先のフロアの売出計画などを立案し、その計画を実行しお客さまにご満足いただく結果を出すために、メンバーに指示を出します。お買場での「商品」「展開」「販売」の指揮をとり、お客さま目線での提案ができているかを常にチェックし改善するのが日々の仕事です。
そして目下の目標は“お客さまの生活に密着し、負担や不満を解消することで感動をもたらすことのできる商品やサービスを提案し続けること”です。例えば時間に追われて忙しいお客さまがいらっしゃったら「追われている時間を減らすサービス」などです。商品を販売するだけではなく、新しいサービスの提案を積極的に発信していきたいと考えています。
主体性を持って行動することで、
成長し続けることができる仕事です
株式会社 静岡伊勢丹
営業統括部
ミッシー・インティメイト アシスタントセールスマネージャー兼プライムガーデン ブロックリーダー
渡辺久実
(2009年入社)

百貨店の可能性とは

“本質を提供し続ける”ために大切なものは『人の力』
お客さまの価値観、ライフスタイルの変化、ECサイトの普及などグローバル社会の中でお客さまの購買の選択肢は多種多様で、百貨店も過渡期を迎えています。 そのような中で百貨店の可能性は“本質を提供し続ける”ことにあると思います。 これまで百貨店が培ってきた安心・安全の提供、当たり前に求められる高い水準の接客は、決してぶれることのない強みであり、日本の百貨店文化そのものです。 またその担い手である“人”こそが、本質であり百貨店の可能性の光なのだと思います。 静岡伊勢丹の独自性の確立、商品や空間を編集し発信し続けること、そしてそのスピードと同じもしくはそれ以上のレベルで“人”のブラッシュアップをすることが最後はお客さまのご支持を得る、“なくてはならないマイデパートメントストアになる”ことだと考えます。

学生の皆さんへのメッセージ

“自分の思いを自由に描くこと”で可能性は無限に広がります。
この仕事において私が大事にしていることは、自分の思いをまずは自由に描くことです。それは様々な可能性を生み出すために大切なことだと考えているからです。「百貨店はこれからどうなるのか」ではなく、「私は百貨店をどうしたいのか」と考えること。「お客さまに対して何ができるのか」という考えの一方で、「私だったらこんなことをしてもらえたら嬉しい!楽しい!」と自由に考えるようにしています。百貨店はお客さまに寄り添い、お客さまと一緒にお店を作り上げていく楽しい場所です。ですからお客さまが喜んでくださること、驚いてくださることを日々考える仕事も非常に楽しい仕事です。ぜひ皆さんも若い発想で自分の人生を自由に描いてみてください。その中で、誰かを喜ばせたいという思いがあるのでしたら、百貨店はその思いを自分自身で具現化できる最適な仕事のひとつであると思います。
エントリー※ グループ各社共通