ENTRY MYPAGE
「お客さまを知り、その生活をお手伝いする
それが私たちの仕事の醍醐味
株式会社札幌丸井三越  
丸井今井札幌本店
婦人服・子供グループ
婦人サイズ・フォーマル
武田 朱美
(2003年入社)

入社を決めた理由について

「お客さまを知り、その生活をお手伝いする」 それが私たちの仕事の醍醐味
「たくさんの人と出会える仕事がしたい。」就職活動の際に抱いたのはそのような漠然とした思いでした。接客業や小売業といっても多岐にわたる業態がある中から百貨店を選んだのは、「出会う」だけでなく「より深く関わる」ことができると思ったからです。ただ物を売るのではなく、お客さまと会話をし、深く知り、最適なものをお勧めする。お客さまが購入した商品はお客さまの生活の一部となり、またギフトであれば唯一無二の思い出となります。つまり、お買いものだけではなく、お客さまの生活そのもののお手伝いをしています。私は百貨店の持つその特別感に惹かれました。入社して何年たっても、お客さまに「ありがとう」とおっしゃっていただくことは、なによりの喜びであり宝物です。ライフスタイルは日々変化していきますが、お客さま満足を第一に考え行動する、その一貫した思いこそが私たちの仕事の醍醐味だと思います。

現在の仕事内容について

「好きなモノ」「したいコト」に純粋に向き合うことが将来への第一歩
私は大きいサイズ・小さいサイズの婦人服・婦人フォーマル担当のセールスマネージャーという役割を担っています。お買い場は自社の社員だけでなく、多くのお取組先の販売員で成り立っており、私の担当では全体で約100名の販売員(スタイリスト)が働いています。100名ものスタイリストをまとめるのは簡単なことではありませんが、月ごとの企画を考えたりモチベーションが上がるようコミュニケーションをとることによって、最前線でお客さまと接するスタイリストが気持ちよく働き成果があげられるようサポート、コントロールするのが最も重要な仕事です。「多くの人と出会いたい」と志望した私にとって、お客さまだけでなく多くのスタイリストに囲まれた環境はとても充実しています。学生の皆さんも、たとえ漠然としていても「好きなモノ」「したいコト」に向き合うことが将来への第一歩となります。純粋な思いを、ぜひ就職活動の中で表現してください。
お客さま、そして一緒に働く
仲間からの「ありがとう」が
やりがいに
株式会社札幌丸井三越
札幌三越
紳士グループ
紳士カジュアル・ビジネスウェア・スポーツ
木村 正男
(2012年入社)

百貨店の可能性とは

お客さま、そして一緒に働く仲間からの「ありがとう」がやりがいになる仕事
人と接することや人を喜ばせることが好きな人に百貨店の仕事はおすすめです。また、個人ではなくチームで働く仕事でもあります。様々な業務の中、自ら店頭に立ちお買場の販売指揮を行うことも大切な仕事です。フロアにはお客さま、ショップのスタイリストがおり、日々多くの人に接します。普段仕事をする上で私が心がけているのは、常に『明るく元気』でいることです。一緒に働く人はほとんどが年上の人です。一見単純なことですが、『明るく元気』でいることで皆のモチベーションを高め、それがお客さまへの質の高い接客につながると思っています。どうしたらお客様にまたご来店いただけるかを皆で考え、試行錯誤しながら業務に取り組んでいます。色々な人がいて、様々な意見があり、毎日新しい発見がある会社です。多くの人と喜びを共有し、お客さま、そして一緒に働くスタイリストからもらう「ありがとう」という言葉は大きなやりがいになります。

学生の皆さんへのメッセージ

多くのお客様に「カッコいい」と思っていただける商品を提案していきたい
人と接することが好きだったこと。「衣・食・住」生活のすべてに関わり、その人に合ったライフスタイルを提案していくことが仕事のやりがいになると感じたこと。この2つが理由で入社を決めました。今は紳士服担当としてフロアをお客様によりご満足いただける空間に作りあげていきたいと思っています。そのために雑誌を読んだり、インターネットを見たり、休みの日にはいろんなお店を見てまわったり、何がトレンドなのか情報を収集しています。様々なことに興味を持つことで、業務に役立つ新しい発見が得られることが多くあります。1年間の東京出向では新宿伊勢丹・日本橋三越・銀座三越の催事を担当しました。仕事を通し、それぞれの店の役割、求められるものの違い、その先にいるお客さまの違いを感じることができ、とても貴重な経験となりました。お客さまという言葉を主語に物事を考え、よりご期待にお応えしていきたいと思っています。
エントリー※ グループ各社共通