ENTRY MYPAGE
大好きだった「ファッション」に
関わることができる喜び。
自分の決断は、正しかった。
株式会社札幌丸井三越
札幌三越
婦人ヤングキャラクター・Mエディット 担当
桃井 雄大
(2017年入社)

入社を決めた理由について

お客さまのライフスタイルをトータルで提案したい。
そのためには、百貨店が最適の場所だと思った。
洋服が好きで、就職活動の当初から洋服に関わる仕事がしたいという想いを持っていました。アパレルメーカーなどにも関心がありましたが、いまは洋服だけでなく、ライフスタイルをトータルに提案する場がお客さまから求められている時代です。百貨店は衣食住すべてを網羅できる環境にあり、企業研究を進めるにつれ百貨店に自然と目が向くようになりました。さらに、札幌丸井三越であれば魅力的なブランドを有する様々なお取組先様と一緒に仕事をする機会があることも魅力でした。札幌丸井三越に入社を決めたのは、社員の方々の温かい人柄に触れ、『札幌を盛り上げたい』という熱い想いに共感したことが最も大きな理由です。当時は東京も含めて企業を探していたのですが、いつしか札幌丸井三越に入社し、札幌を活性化していきたいと思うようになりました。
学生の皆さんの中には、自分の好きなことを仕事にするかどうかで迷っている人も多いのではないかと思います。実際に、私自身もずいぶん悩みました。しかし札幌丸井三越に入社し、実際にお客さまと接してファッションの魅力を伝えることに大きなやりがいを感じるなかで、あのとき自分の好きな道を貫いてよかったと思うことがよくあります。ぜひ自分の心に正直に、就職活動に取り組んでみてください。

現在の仕事内容について

大人の上質で洗練された雑貨の編集ゾーン
「Mエディット」で販売を担当。
ここで学ぶ仕事のすべてが、未来の糧になる。
札幌三越本館2階にある「Mエディット」という雑貨のセレクト編集ゾーンで、販売を担当しています。入社する前からレディスファッションに携わりたいと考えていた私にとって、希望通りの配属となりました。「Mエディット」には、高感度なお客さまに向けて「旬」のブランドや商品を様々な形でご紹介するプロモーションスペースがあります。基本的には週替わりで期間限定のポップアップショップを展開。扱うアイテムは雑貨だけに留まらず、洋服やアクセサリー、香水、コスメなど多岐にわたります。プロモーションスペースは展開変更のサイクルが早いので、大変な面はありますが、イベントを企画したバイヤーの意図を捉え、バイヤーと同じ熱量でお客さまに商品をお届けできるよう心がけています。また札幌丸井三越は人を育てようという風土が強くあり、分からないことを質問すると、誰もが丁寧に教えてくれます。現在は店頭で販売を担当していますが、将来はバイヤーになることが目標なので、日々の中で学んだこと一つひとつを自分の糧にして成長していきたいと思います。
ファッションの楽しさを
幅広く提案できる。
それが百貨店の醍醐味だと思う。
丸井今井札幌本店 大通館3階
札幌モード
セールスマネージャー
武田 朱美
(2003年入社)

百貨店の可能性とは

モノを売るだけではない、ファッションを通じて「ワクワク」を提案できる。
皆さんは『百貨店』にどんなイメージを持っていますか?「高級そうで入りにくい」などマイナスイメージの方もいるでしょうか。でも、同時に小さなころデパートに行ったときに感じる「ワクワクする場所」というイメージも湧いてきませんか?私自身、子供の頃はデパートに行くことが嬉しくて、華やかな「特別な空間」だと思っていました。今の時代は「いつでもどこでも」欲しいものが簡単に手に入ります。でも、私はこの「ワクワク感・特別な空間」を与えられるのはリアルな店舗である百貨店だけだと思っています。私が担当している『札幌モード』というフロアは、丸井今井から世界、東京の最新最旬のファッションを提案するフロアとして立ち上がりました。バイヤーとともに、その百貨店ならではの「ワクワク感」を提供しようと試行錯誤の毎日ですが、ただ「物」を揃えて売るだけではない、来てこそ感じられるファッションの楽しさを提案できるのが百貨店ならではの醍醐味です。

学生の皆さんへのメッセージ

今しかできない経験と幅の広いアンテナを。
私自身の就職活動の頃を振り返ると、不安と緊張の日々だったことが思い出されます。「自分には何ができるのか、何がしたいのか」そして「そのために今何をしたらいいのか」など、自分の人生について一番考えた時期でした。皆さんも今まさに同じように悩み、考えていることと思います。先ほど私は百貨店では「ワクワク感」を提供できると言いました。皆さんには、遊びでも勉強でもアルバイトでも学生である今しかできない経験をたくさんして、色々なことに興味の幅を広げてほしいと思います。その経験が、百貨店で「ワクワク感」を提案するアイデアに繋がっていきます。たくさんの情報が飛び交う時代だからこそ、自分自身の経験がその情報に説得力を持たせます。「社会に出る準備」として知識を身に付けるのも素晴らしいことですが「今しかできない経験」に全力投球して、それを社会で、百貨店で生かしてほしいと思います。
エントリー※ グループ各社共通