ENTRY MYPAGE
お客さまや関わる方の喜びが
自分の喜びとなる、
人の心を動かすのが仕事です。
㈱名古屋三越栄店
営業統括部紳士担当ニューヨークランウェイ
ブロックリーダー
岡本 茉利 (おかもと まり)
2010年入社

入社を決めた理由について

若手にもチャンスを与えてくれる会社。お客さまからの「声」にヒントがある。
人と接することが好きで、好きなものに囲まれた環境で仕事をしたい!そんな想いで百貨店を中心に就職活動をしていました。決め手となったのは働く社員の方の一言。店頭でお尋ねしたのですが、「福利厚生や研修制度もしっかりしているし、性別も年齢も関係なく意見を聞いてくれるから、若手にもチャンスを与えてくれる会社だよ。」と笑顔で答えてくれました。その時、私もあの方のように働きたい!と思い入社を決意しました。ブロックリーダーは接客販売を中心に、売上管理、商品管理、イベントの企画・運営、スタイリストの教育など、様々な業務を経験することができ、インポートカジュアル服の国内展示会への買付にも行かせていただいています。日々の接客を通してお客さまからいただいた「声」を仕入や販売力の向上に向けて反映し、ショップのレベルアップに努めています。忙しい日々の中で大変なこともありますが、その分やりがいも多く毎日が刺激的です。

現在の仕事内容について

ただモノを売るだけでなく、“付加価値”の提供ができてこそ「名古屋三越」。
私が考える「百貨店のあるべき姿」は、単にモノを売るだけでなく、お客さまに寄り添い、価値をお伝えし、感動を与えるサービスを提供する場所であることだと考えます。いつでもどこでもモノが買える時代に、お客さまにわざわざ足を運んでいただく“何か”がなくてはなりません。私が大切にしていることは、心地良いと感じていただける接客、また来たいと感じていただけるお店作りです。お帰りの際に良いお買い物ができた!と感じていただけ、お買上げいただいた商品がお気に入りの一着になると嬉しいです。ここでしか買えない商品(ブランド)の展開を増やしたり、他にはない新しいイベントの企画やお客さまの求める“何か”を考え、そこに答えるべく挑戦すること、それが私たちの仕事です。これからも、お洒落好きなお客さまが楽しめるお店を作り、ご来店がきっかけでお洒落することやお買物が好きになってくださるお客さまを増やしていきたいです。
“名古屋三越限定”商品・企画のため、
日々アンテナを張ることも仕事です。
㈱名古屋三越栄店
営業統括部食品担当 和洋菓子・菓遊庵バイヤー
兵藤 弘和 (ひょうどう ひろかず)
2005年入社

百貨店の可能性とは

店頭で、お客さまの目の前で、仕事の結果がライブに感じられます。
様々な企画をしてきましたが、初めて担当したクリスマスケーキのカタログ作りが今も忘れられません。 その頃は、自分が考えて作ることが好きなために、自分のセンスならきっと売れる!と、自己満足な内容になりがちで、 当時のマネジャーからは、誰をターゲットにして作ったカタログなのか、何を伝えたいのか全くわからない、と、指摘を受けました。
試行錯誤していく中で、それぞれのケーキには商品のデザインだけでなく、価格、サイズ、素材、色などにより“シーン”があることに気付き、カタログを見た方がそのケーキを見た時に、思い描いたのと同じテーブルシーンを表現したい、そのためにはどうしたらいいのか、と考えるようになりました。その結果、初担当のクリスマスカタログは予定数では足りないほどの反響を受け、数年ぶりの大台となる売上を記録することができました。初日に駆け込むお客さまを見て初めて感じた達成感と感動は、忘れることができません。

学生の皆さんへのメッセージ

失敗を恐れず、自分の意見を率直にぶつけてきてください。
初心忘るべからず、とよく言いますが、その初心は何かということを常に考えることが大切です。 一生懸命頑張ろうと思う気持ちも初心ですが、“何のために頑張るのか”、ということも考え何事も頑張ってもらいたいです。そして、働く上では、自分の考えに固執しすぎるのもよくないし、自分の考えがないのもよくないと思います。どんな時でも、自分ならどうしたい、そのためにはどうしたらいい、ということを考えることはとても大切なことですが、同時に、どれだけ相手の意見を聞き、うまく取り入れ、自分の考えをより良いものにできるか考えることは、もっと大切なことだと思います。諸先輩方のノウハウや経験も大切ですが、意見を出し合う中で若い人の声、意見が良い刺激となり、チームで良い仕事が出来るきっかけにもなります。まだまだ自分も成長途中ですが、より良いモノ・コトをお客さまに届けるために一緒に頑張りましょう。
エントリー※ グループ各社共通