IR情報

トップメッセージ

ステークホルダーの皆様との対話を重視する経営をめざして。

私たち三越伊勢丹グループは、2008年に誕生し、本年度で統合10周年の節目を迎えました。この間に業態間の競争はさらに激化し、消費環境におけるモノからコトへのシフトやライフスタイルの多様化が、予想をはるかに上回るスピードで進みました。

このような状況のなか、将来の持続的な成長を実現するために、2017年度は、グループの不採算事業の改革や経費削減をはじめとするコスト構造の改革などに、スピード感をもって取り組んでまいりました。

2017年11月に発表した次期3ヶ年計画(2018~2020年度)では、「収益体質の強化」と「事業構造の転換」の2軸を掲げました。2018年度は次の成長に向けて、百貨店がここ数十年変えてこなかったビジネスモデル改革に着手します。
特に「デジタルトランスフォーメーション」と「生産性向上に向けた業務改革」の2点に重点的に取り組むことで、まずは連結営業利益350億円の早期達成を図ってまいります。 また、従業員やお取組先とともに、日本一働きやすく自由闊達で活気ある三越伊勢丹グループを作り上げ、今まで以上に、株主の皆様をはじめとするステークホルダーの皆さまとの対話を重視した、公正で透明性の高い経営を目指してまいります。

ステークホルダーの皆さまにおかれましては、今後もなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長執行役員(CEO) 兼 CDTO
杉江 俊彦