デパカチ 〜グループ全体の絶対的価値を生むプロジェクト〜

vol.1 JAPAN SENSES日本のものづくりを再発見。伝統や技術を大切にした、新しい価値を提案する。

JAPAN SENSESとは?

「世界で通用する日本の良さを改めて新しい価値として再認識し、日本を元気にしていく」をコンセプトに、日本の伝統や技術が宿るモノ・コト・ヒトをお客さまにご紹介する取り組みです。
2011年度より、三越伊勢丹グループとしてさまざまな催しを開催しています。

〈ロゴデザインについて〉
折り紙をデザインモチーフにJAPANの頭文字「J」をかたどり、日本列島が織りなす四季を表現しています。また「JAPAN SENSES」の文字には、「日本の美意識」をもう一度考え、見つめ直す「機会」と「場」の意味を込めています。

japan senses

取り組み例 〜“JAPAN BLUE” あおもり藍 CREATION〜

「あおもり藍」とは無農薬藍葉を原料とする藍染め。伝統的な「すくも藍」に比べ飛躍的に短時間で染めることができ、抗菌・防臭性にも優れ、2010年のスペースシャトルディスカバリー号の作業服にも使われ注目を集めました。
三越伊勢丹では、2014年4月からこの「あおもり藍」と、世界で活躍する日本人デザイナーの感性を掛け合わせ、JAPAN SENSESキャンペーンでご紹介し、お客さまからご好評をいただきました。

BACKBONE デザイナー鈴木氏、N.HOLLYWOOD デザイナー尾花氏が、自らのデザインとあおもり藍との取り組みについて語っています。また、藍染工場の様子もご覧いただけます。

※映像内にある商品の取り扱いは一部終了しております。

〈あおもり藍産業協同組合 代表理事 吉田久幸氏より〉

私たちにとっての新たなチャレンジ。多くのお客さまに喜んでいただきたい

私たちの取り組みがNHKに取材されたこともあり、一般のお客さまからの取り扱い店舗の問い合わせのほか、デザイナーさんやメーカーさんからの問い合わせも増えました。
実際に工場に足を運んで藍染め作業を体験されるデザイナーさんもいて、その方とは今後、素材を提供する話につながっていきそうです。
今回、有名デザイナーの作品を染めるということで、現場としては非常にモチベーションも上がりました。革製品や厚手の布など、これまでに手がけたことのない素材にチャレンジしたこともあり、納得のいくものに仕上がるまでにはいろいろな苦労もありました。しかし、デザイナーさんやバイヤーさんにご協力いただいたこともあり、素晴らしいものを完成させることができました。ぜひ多くのお客さまに喜んでいただきたいと思っています。
あおもり藍産業協同組合 代表理事 吉田久幸氏

〈伊勢丹メンズ館 バイヤー 渡邊 駿より〉

日本の素晴らしい伝統や技術をお客さまに伝え、新たな感動を感じてもらいたい

作り手の方々には、三越伊勢丹としてのこのプロジェクトに対する想いを直接会って伝えることで、「おもしろいね」、「協力するよ」と前向きに取り組んでいただくことができました。世界で活躍されるデザイナーの方のクリエーションと日本の伝統技術を組み合わせることで、既成概念を超えた素晴らしいものができたと感じています。
日本の産地には衣・食・住などのすべての分野において、まだお客さまに伝えきれていない、素晴らしい技術や伝統が数多く存在します。そういったものを三越伊勢丹がファッションを通じてお客さまにご紹介することで、新たな発見や感動をお買場で感じていただければ、たいへん嬉しいです。さらにはそれが産業の発展や地域経済の活性化につながり、最終的に日本を元気にしていく取り組みであると評価していただけることがあれば、このうえない喜びです。
JAPAN SENSESを通じて、職人の方とお話をしたり、商品を直接手にとって見たり、という体験の場をお客さまに用意し、そのことでお客さまと作り手の両方に喜んでいただくことが、私たちにとっての最大の喜びであると考えています。

渡邊駿

渡邊 駿

2007年入社。伊勢丹メンズ館にて販売、アシスタントバイヤーを経て2013年より紳士クリエーターズバイヤー。国内外のデザイナー・クリエーターブランドの自主編集コーナーの品揃えを担当する。またイセタンメンズ10周年企画にて、小松精練 ㈱との協業によるブラックウォッチクリエーションやリバティ社とのONLY MIの取り組みなどのプロジェクトを手がけた。

これまでの主な取り組み

2011 

NIPPON VISION 4 accessories(伊勢丹新宿本店)

ロングライフデザインを提唱するナガオカケンメイ氏と協働で、
全国からアクセサリーなどのアイテムをセレクト。

NIPPON VISION 4 accessories

リアルを超えた〈小松精練〉の「モナリザ」プリント加工
(三越日本橋本店)

古着ならではのヴィンテージ感を、高度なデジタルプリントによる
新素材「モナリザ」で克明に再現。

「モナリザ」プリント加工

ふふふ、ふろしき祭(伊勢丹新宿本店)

江戸古来の絵画柄などを紹介するとともに、ふろしきの新しい使い方を提案。

浅子 堅一郎
〈バイヤー 浅子 堅一郎 より〉
デザインだけではない、ふろしきの新しい価値を提案しました。
ふろしきが時代を越えて生まれ変わったように思います。
ふふふ、ふろしき祭
2012 

THE FOREFRONT of NIIGATA(三越日本橋本店)

伝統の文化や技術に今の感性をプラスした、新潟発のアイテムを紹介。

THE FOREFRONT of NIIGATA

Gスペース&ジャパンエディション〈すみだモダン〉(三越銀座店)

江戸時代から多くの職人が暮らし、ものづくりの遺伝子が息づく
墨田区から、「すみだブランド認証事業」によって
「すみだモダン」マークを付与された商品を展示・販売。

〈すみだモダン〉

日本の涼(伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店)

単なる夏の風物詩ではなく、日本人の知恵と美徳を
踏まえて創造性高く“涼”をとるスタイルを提案。

日本の涼
2013 

日本の手しごと展 ものづくり×ものがたり(伊勢丹新宿本店)

進化し続ける日本の「ものづくり」の今と、その背景にある
作り手たちの「ものがたり」を紹介。

牧 真矢
〈バイヤー 牧 真矢 より〉
7つの素材の器で、7つの朝食メニューをご提案。
新しい朝食のスタイルをお楽しみいただきました。
ものづくり×ものがたり

秋のファッション×JAPAN SENSES(伊勢丹新宿本店)

日本古来からの技法や考え方を現代ファッションとして
表現しているブランドを紹介。

佐熊 陽平
〈バイヤー 佐熊 陽平 より〉
作り手の日本文化に対する強い思いを、
少しでも多くのお客さまに伝え、共感いただけたら嬉しいです。
秋のファッション×JAPAN SENSES

江戸前の遊び心(三越日本橋本店)

帯やざぶとん、和菓子など、江戸の遊び心と今の感性を
組み合わせたアイテムを紹介。

江戸前の遊び心