CSR・社会貢献

トップメッセージ

ステークホルダーの皆様との対話を重視する経営をめざして。

私たち三越伊勢丹グループは、「世界随一の小売サービス業グループ」を目指していくことをグループビジョンに掲げ、2008年に誕生いたしました。
この春でグループが誕生し9年目を迎えますが、その間に業態間の競争はさらに激化し、消費環境もモノからコトヘシフトするなどの多様化が進んでいます。

このような環境の中で、私たち三越伊勢丹グループが持続的な成長を遂げていくためには、百貨店事業における更なる生産性の向上と成長戦略の構築による収益力の向上が急務となっております。業績回復のためにも、2017年から2018年度にかけては、構造改革にスピードを持って取り組むと共に、成長事業の選択と集中を図ることで、2020年度までに再成長に向けた道筋を確実なものとして参ります。
これを実現していくために、従業員やお取組先とともに日本一働きやすく自由闊達で活気のある三越伊勢丹グループを創り上げ、お客さまをはじめとしたステークホルダーの皆様と今まで以上に向き合い、対話を重視した公正で透明性の高い経営を目指して参ります。

更なる企業価値の向上を目指し、「私たちの存在意義は何か」、「お客さまやマーケットから何を期待されているのか」、「私たちの強みは何か」を今一度見つめなおし、三越伊勢丹グループが一丸となって経営改革を進め、事業の選択と集中を行っていくことで、足元の業績を回復させ、一刻も早く成長軌道にのせて参ります。

ステークホルダーの皆様におかれましては、今後も一層のご支援を宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長執行役員
杉江 俊彦

このページの先頭へ