CSR・社会貢献

お客さまのCSRアンケート結果報告

2018年2月、三越伊勢丹WEB会員の皆さまを対象に、本年で6回目となるCSR活動に対するWEBアンケートを実施いたしました。13,410人の方からご回答があり、6,000件近くのご意見も頂戴いたしました。ご協力いただきました皆さまには、誠にありがたく、御礼申し上げます。頂戴した貴重なご意見は、今後のCSR活動に活かしてまいりたいと存じます。
なお、アンケートの集計結果は以下の通りです。

1.アンケートにお答えいただいたお客さま

属性内訳グラフ

2.質問に対するご回答(抜粋)

三越伊勢丹グループのCSR活動についてご存知ですか。(認知度の確認)

内訳グラフ

三越伊勢丹グループのCSR活動について、あなたのお考えにもっとも近いものをお選びください。(共感度の確認)

内訳グラフ

三越伊勢丹グループのCSR活動の認知度は32.9%で、前回よりも3.9%ダウンしましたが、直近5年間では2番目に高い認知度となりました。三越伊勢丹グループのCSR活動に対する共感度は、本年も9割以上のお客さまに共感を戴きました。

三越伊勢丹グループが行っている以下の取り組みについて、ご存知ですか。また、参加/利用したことがありますか。(具体的取り組みの認知度:知っている+参加/利用したことがある)

内訳グラフ
*1
「ジャパンセンスィズ」世界に誇れる日本の良さを再認識し、新しい価値として提案する取り組み(グループ店舗)

当社グループのCSRの具体的活動の認知度(「知っている」もしくは「参加/利用したことがある」)では、グループ全体で取り組んでいるピンクリボンキャンペーン、震災への募金活動などのチャリティの他、グローバルグリーンキャンペーンやスマートラッピングなどの環境への取組に対する認知が高い結果としてあらわれました。

以下のような社会課題のうち、今後、三越伊勢丹グループが特に重点的に取り組むべきと思うものを、3つまで選んでください。

内訳グラフ

商品の品質・安全の確保が75.7%、次いで、食品ロスの削減30.2%、持続可能な資源の利用(リユース・リサイクルなどによる資源の有効活用など)29.0%と上位3項目がそれぞれ前年より高く、百貨店のお客さまとしてのご要望と、企業に求める環境への取組への関心度が一層高まっています。

お客さまからいただいたご意見(抜粋)

品質の良いものを提供してもらえると信頼しているので、商品を購入しています。そのためにも、ベースとなる物を大切にする活動、すなわちその商品を扱う人材、資源・原材料を提供してくれる、あるいは生産している人々を大切にする活動が重要だと考えます。

百貨店ならではの活動をお願いしたいと思います。 食品廃棄の削減、簡易包装の推進、電力量の削減(海外の百貨店に比べると日本の百貨店は明るすぎると感じることもあります)などお願いいたします。

文化や情報の発信拠点として、三越伊勢丹のあり方を考え、事業に結びつけていってもらいたい。

百貨店は文化の担い手としての働きも大きいと思います。 館内での美術展などは、行きやすく手軽に文化に触れる機会となります。 今後も、文化活動などに尽力してもらえることを望みます。

従業員の皆さんのライフ・ワークバランスに留意されて,この分野で日本を牽引する企業となって欲しい。

ナンバートゥエンティワンは使いやすく、また高すぎず価格も買いやすい為、仕事使いなどに重宝しています。今後もお客様の声を反映した商品作成をして欲しいです。

楽しみながら購入することにより、それが社会貢献となるような、デザイナーや発展途上国との企画商品を定期的に提案してほしいと思います。

三越伊勢丹というブランド名は大きいと思いますし、CRS活動はブランドを維持していくためにも重要だと思います。

老舗かつ百貨店のリーディングカンパニーとしてこれからも、日本のおもてなしの心とよいものを追究するべく企業マインドを絶やさないよう伝統と改革をバランスよく行うことを切に希望します。

今回のアンケートでは質問へのご回答のほか、5,000件を上回る貴重なご意見をいただきました。改めて御礼申し上げます。その中では、「商品の品質・安全の確保」「食品ロスを含めた環境問題への取組みついて」「文化振興への取組み」「従業員の健康・安全確保について」「お客さまとの協働活動(チャリティキャンペーンなど)について」など、当社グループの取組みに対する期待のメッセージを多くいただきました。今後もステークホルダーの皆さまのご意見をお伺いする機会を設けて、三越伊勢丹グループのCSR活動に、より認知・共感いただけるよう取り組んでまいりますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ