CSR・社会貢献

地域の人々と暮らしの応援

三越伊勢丹グループは、地域社会の一員として、地域の皆さまとのコミュニケーションのもと、様々な活動に取り組んでいます。地域の行政や産業界などと協働した地域に根ざした取り組みをはじめ、未来を担うお子さまの育成を願う取り組み、女性の生き生きとした暮らしを応援する取り組みなど、様々な視点から、「百貨店だからできること」を考え、従業員一人ひとりの積極的な参加のもとに実践しています。

三越伊勢丹×文化服装学院 産学共同の取り組み

三越伊勢丹グループと文化服装学院による産学共同の取り組みとして、文化服装学院ファッション流通科2年「ショップスタイリストコース」のコラボレーション講座が2016年からスタートしました。販売・接客の仕事の魅力を高め、将来の日本のファッションビジネス全体の発展をめざすとともに、2020年に向け、日本のもてなしの心を世界に発信し、ファッション分野、小売業界全体の活性化につなげていきます。

  • 接客ロールプレイ研修接客ロールプレイ研修
  • 文化服装学院外観文化服装学院外観
  • グループワークグループワーク
  • 受講生のみなさんによる実行宣言受講生のみなさんによる実行宣言

このカリキュラムは、三越伊勢丹のノウハウを活かした実践的な授業を行うことで、将来即戦力として活躍できるショップスタイリストの人財育成をめざしたものです。2016年度は、三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズのインストラクターによる接客の基礎やラッピング、覆面調査研修に加え、現役バイヤーによる最新情報のレクチャー、三越伊勢丹で活躍している文化服装学院の卒業生の皆さんによるパネルディスカッションなどを特別講座として実施しました。

伊勢丹相模原店 企業体験プログラム

伊勢丹相模原店では、三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ主催「桐蔭学園企業体験プログラム」に協力しています。これはマーケティング手法を取り入れ、課題抽出、市場価値の発掘、実体験を通じて成果に結び付けていく、高校生の社会参加プログラムです。
2016年5月から計画をスタートさせた桐蔭学園高等学校女子部の生徒23人は、梱包材の企業見学、グループディスカッション、プレゼンテーションなどを重ねました。

  • 子ども向けワークショップ「おみくじボウリング」子ども向けワークショップ「おみくじボウリング」
  • プログラム修了証の授与プログラム修了証の授与

10月23日には、この一環として伊勢丹相模原店「ハロウィンフェスティバル」で子供フロアのイベントを企画しました。当日は多くのお客さまで賑わい、ワークショップには169人にご参加いただき、半年間の楽しく充実した企業体験プログラムとなりました。

伊勢丹立川店で「アール・ブリュット立川2016」を開催

伊勢丹立川店では、地域貢献、芸術支援の一環として、障がいのある方々が自由な発想で表現したアート作品を展示する「アール・ブリュット立川2016」を10月26日から31日まで開催しました。

  • お客さまで賑わう5階特別室会場お客さまで賑わう5階特別室会場
  • 「ネアリカ」技法の作品「ヒロシマ」(右)と「ナガサキ」(左)を制作した池邉遊さん「ネアリカ」技法の作品「ヒロシマ」(右)と「ナガサキ」(左)を制作した池邉遊さん

伊勢丹立川店で2回目の開催となる展示会では、初参加の15人を含む、多摩地域在住の障がいをもつ作家34人が出展。メキシコの毛糸絵画「ネアリカ」の技法を使った作品や、視覚に障がいのある方々が制作したどこかユーモラスなフォルムの作品など、様々な手法や作風で制作された絵画、立体など約60点を、5階特別室をはじめ、2階ギャラリースクエア、エスカレーターサイドなどで展示しました。

“アール・ブリュット”とは、フランス語で「生(き)の芸術」という意味で、専門の美術教育を受けていない人たちが生み出した作品を指しています。また、その作家は障がいをもつ場合が多く、自由で斬新な発想で創造された作品は、日本でも近年注目を集めています。

次世代育成への取り組み

少子化が進む日本では、次世代を担う子どもたちの育成がますます重要になっています。三越伊勢丹グループでは、子どもたちの健全な育成を願い、おしごと体験学習やイベント開催など、様々な取り組みを行っています。

●伊勢丹浦和店 開店35周年記念「デパートおしごと体験」を開催

伊勢丹浦和店は2016年に開店35周年を迎え、約1年間にわたり様々なイベントを行い、地元のお客さまとの絆づくりに取り組みました。夏休みにはその一環として、8月20日、21日の2日間、小学生のお子さまを対象に、デパートのお仕事の体験や、ふだんは見ることのできないバックヤードを見学していただく「デパートおしごと体験」を開催しました。各日30人の定員に対し、200人を超える応募をいただき、当日は抽選で選ばれたお子さまにご参加いただきました。暑さにも負けず、元気で一生懸命なお子さまたちに、浦和店のスタイリストもパワーと感動をいただきました。

  • 「開店のお出迎え」の練習「開店のお出迎え」の練習
  • 食料品フロアでのお仕事体験食料品フロアでのお仕事体験
●伊勢丹立川店食品フロアで「お子さま食品ショップのお仕事体験」イベントを開催

伊勢丹立川店では、2016年7月20日から8月31日まで、「夏休み@ISETAN TACHIKAWA」を開催。8月14日には、食品フロアの菓子・生鮮三品・惣菜など全8ショップで、「食品ショップのお仕事を体験しよう!」を開催し、68人の応募者のなかから抽選で選ばれた16人のお子さまにご参加いただきました。
当日ご参加されたお子さまは、開店前の朝礼や2階正面玄関での開店のご挨拶、各ショップでの品出しや試食販売などを明るく元気に体験。初めての体験で頑張るお子さまに、店内のお客さまからも励ましの言葉をいただき、地域の皆さまとの温かい交流が深まる、楽しいひとときとなりました。

  • 開店のご挨拶開店のご挨拶
  • 体験終了後修了証を授与体験終了後修了証を授与
●仙台三越「仙台うみの杜水族館お泊まり飼育係体験」を実施

2017年3月24日、抽選で選ばれた5組のご家族、計20人の方にご参加いただき、仙台うみの杜水族館との共同企画福袋「仙台うみの杜水族館 お泊まり飼育係体験」を実施しました。
昨年好評だった内容に今年は新しい内容も加え、夜の水族館見学、実際の飼育係体験やイルカへのサイン出しをするトレーナー体験、大水槽「いのちきらめく うみ」前での魚に囲まれながらの就寝など様々なメニューを実施。魚の生態系にふれ、貴重な体験をされたお客さまからは、「幻想的な雰囲気のなかで非日常体験ができた」「いつもの水族館と違った雰囲気を楽しめる」など、喜びの声をいただきました。

  • 魚類飼育係体験の様子魚類飼育係体験の様子
  • イルカトレーナー体験の様子イルカトレーナー体験の様子
  • 大水槽「いのちきらめく うみ」大水槽「いのちきらめく うみ」
  • 修了証の授与修了証の授与

地域祭礼への参加

三越伊勢丹グループでは、店舗が所在する地域の人々との触れ合いを大切にしながら、様々な地域イベントに積極的に参加するとともに、地域に根ざした社会貢献活動を展開しています。

●三越恵比寿店が、渋谷氷川神社祭礼 恵比寿町会の神輿担ぎに参加

2016年9月11日、三越恵比寿店の所在地である恵比寿4丁目を中心とした地域の恵比寿町会による渋谷氷川神社祭礼が開催され、恵比寿店のメンバーが、地域の方々とともに神輿を担いで秋祭りに参加しました。
約4時間かけて町会を一周する神輿。日本の伝統的なお祭りの風景には、道行く人々も足を止め、神輿の担ぎ手たちに声援を送っていました。三越恵比寿店、サッポロビール本社前で神輿を踊るように掲げ、神様へ商売繁盛を祈り、この祭礼も最高潮を迎えました。日本の伝統行事の継承としても大事な行事への参加は、地域の方々との交流が深まる良い機会となりました。

  • 三越恵比寿店が、渋谷氷川神社祭礼 恵比寿町会の神輿担ぎに参加
  • 三越恵比寿店が、渋谷氷川神社祭礼 恵比寿町会の神輿担ぎに参加
●札幌丸井三越繁盛神輿が北海道祭に参加

2016年8月6日、北海道神輿協議会加盟の18會が主催する「北海道祭」が開催され、札幌丸井三越繁盛神輿も参加し、全6基の神輿が市内中心部を練り歩きました。
北海道祭は、神様の御霊(みたま)を6基の神輿に乗せ、大通・狸小路・すすきのを渡御するお祭りで、「神輿振り」という賑やかに威勢よく神輿を揺らして練り歩くスタイルが特徴です。当日は、好天にも恵まれた絶好の神輿日和のなか、午後4時半から神輿渡御がスタート。札幌丸井三越繁盛神輿も、約2時間かけて駅前通りを南下し、夜はすすきの会場を練り歩き、大盛況のうちすべての神輿が無事宮入りを終えました。

  • 札幌丸井三越繁盛神輿が北海道祭に参加
  • 札幌丸井三越繁盛神輿が北海道祭に参加
●仙台三越が金蛇水神社祭典へ参加

2016年8月28日、金蛇水神社祭典が開催され、仙台三越の新入社員を含めた有志計17人が参加しました。
金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)は宮城県南部岩沼市に本社を置き、その分霊社のひとつ、一番町分霊社が仙台三越定禅寺通り館脇にあります。昔から商売繁昌、海上安全、金運円満の神として信仰されています。当日は3基の神輿が渡御し、約3時間半かけて三越前から仙台駅前までを往復し商店街を練り歩きました。このお祭りを通して商店街の皆さまと親交を深め、地域の活性化につながる取り組みとなりました。

  • 大神輿大神輿
  • 女神輿女神輿

「ピンクリボンキャンペーン」をグループ全体に拡大

女性の活躍を支援する当グループは、首都圏の伊勢丹店舗で2007年よりスタートした「ピンクリボンキャンペーン」を2016年度よりグループ全体に拡大し、啓発活動に取り組みました。

  • 伊勢丹新宿本店本館5階リビングフロア伊勢丹新宿本店本館5階リビングフロア
  • 三越日本橋本店新館1階エントランス三越日本橋本店新館1階エントランス
  • 仙台三越1階店内案内所仙台三越1階店内案内所
  • ピンクでライトアップされた高松丸亀町壱番街前三町ドームピンクでライトアップされた高松丸亀町壱番街前三町ドーム

2016年10月の乳がん月間に実施した「ピンクリボンキャンペーン」では、早期発見・治療を呼びかける店内放送や店頭でのリーフレットのお渡し、また「ピンクリボンバッジ」などによる寄付活動など、従業員やお客さまへの啓発活動を行いました。皆さまのご協力の結果、2016年度の寄付金額は、合計4,705,071円(21店舗)となりました。 この寄付金は、店舗の所在地域で活動する各団体へ寄付され、乳がんの早期発見に向けた様々な啓発活動に役立てられます。
また、伊勢丹立川店、新潟伊勢丹、新潟三越では「認定NPO法人乳房健康研究会」様にご協力いただき、従業員に向けた啓発活動として、自己検診触診体験のデモンストレーションを実施。岩田屋本店では、『ワコールセール』の会場内にて、「認定NPO法人ハッピーマンマ」様のご協力のもと、お客さまを対象とした啓発セミナー「乳がんと自己検診のおはなし」を開催し、多くのお客さまにご参加いただきました。高松三越では地域とのコラボで、高松丸亀町壱番街前三町ドームがピンクにライトアップされ、プロジェクションマッピングで彩られました。

●各地域の取り組み団体と寄付金額 ※店内放送、ポスターによる啓発活動と寄付活動を実施
店舗 寄付先 寄付金額
伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店、
伊勢丹立川店、伊勢丹松戸店、伊勢丹浦和店、
伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、三越千葉店、
三越恵比寿店、三越多摩センター店、仙台三越、
静岡伊勢丹、新潟伊勢丹、新潟三越
認定NPO法人乳房健康研究会 3,716,205円
函館丸井今井 ピンクリボン in 函館 Team PINK! 44,010円
高松三越 ピンクリボンかがわ県協議会 242,700円
松山三越 ピンクリボンえひめ 52,156円
岩田屋本店、福岡三越、岩田屋久留米店 認定NPO法人 ハッピーマンマ 650,000円
●各地域の取り組み団体 ※店内放送、リーフレットのお渡しなどによる啓発活動を実施
店舗 取り組み団体
札幌丸井今井、札幌三越 ピンクリボン in SAPPORO
(7月乳がん啓発イベントへ50,000円を寄付)
名古屋三越栄店、名古屋三越星ヶ丘店 名古屋ピンクリボンフェスタ実行委員会
ジェイアール京都伊勢丹 ピンクリボン京都実行委員会
広島三越 認定NPO法人乳がん患者友の会きらら

日本女子サッカーリーグを応援

「活躍する女性を応援する」企業風土を有する当社は、2016年度より日本女子サッカーリーグの「頑張る女性を元気づけ応援する」「次世代の育成を支援する」という姿勢に共感し、オフィシャルスポンサーとして活動を支援しています。

  • 2017シーズン開幕記者会見での選手の皆さん ©J.LEAGUE2017シーズン開幕記者会見での選手の皆さん
  • ロゴマーク

チャリティ・寄付一覧

●2016年度 チャリティ・寄付一覧
期間 タイトル 金額
(千円)
累計
(千円)
実施
店舗
寄付先
2016年
5月
「世界から猫が消えたなら」チャリティキャンペーン 4,358 4,358 グループ
店舗
一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」
1,865 1,865 日本赤十字社
6月 環境省「エコライフフェア」ワークショップチャリティ 44 44 店舗外の出展(代々木公園) 一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」
43 43 一般財団法人「ペット災害対策推進協会」
8月 日本百貨店協会“熊本地震”復興支援チャリティ
くまモンのチャリティグッズ限定販売
4,111 4,111 グループ
店舗
日本百貨店協会経由、熊本県「平成28年熊本地震義援金」、大分県「平成28年4月地震大分県被災者義援金」
10月 親子3代を新聞でつなぐ×熊本支援チャリティ 「まごの日」記念日新聞発行チャリティイベント 101 101 伊勢丹
新宿本店
日本新聞協会経由、熊本県「平成28年熊本地震義援金」
87 87 丸井今井
札幌本店
10月 ARITA 400project×ISETAN SHINJUKU チャリティ販売 160 160 伊勢丹
新宿本店
社会福祉法人「佐賀県共同募金会」
10月 ピンクリボンキャンペーン(2007年~) 4,705 29,537 グループ
店舗
認定NPO法人「乳房健康研究会」、「ピンクリボン in 函館 Team PINK!」、「ピンクリボンかがわ県協議会」、「ピンクリボンえひめ」、認定NPO法人「ハッピーマンマ」
12月 九州七福神スタンプラリーチャリティ 219 219 伊勢丹
新宿本店
三越日本橋本店
三越銀座店
熊本県「平成28年熊本地震義援金」
2017年
3月
東日本復興支援 「どんぐりバッヂ」チャリティ(2014年~) 5,964 28,738 グループ
店舗
公益財団法人「鎮守の森のプロジェクト」
年間 滝川クリステル アクセサリー販売(2014年~) 2,084 7,880 伊勢丹オンラインストア 一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」
年間 エムアイ友の会
社会貢献活動にご賛同いただいた会員さまからの寄付(2013年~)
3,759 18,599 グループ店舗友の会カウンター NPO法人「グリーンサンタ基金」
チャリティ合計 27,500 95,742
【東日本復興支援】店頭募金
(2011年~)
3,646 75,230 グループ
店舗
日本赤十字社
【熊本地震】店頭募金 11,299 11,299 グループ
店舗
日本赤十字社
【イタリア中部地震】店頭募金 118 118 イタリア展開催店舗 イタリア大使館
【鳥取中部地震】店頭募金 62 62 伊勢丹
新宿本店
鳥取県
【糸魚川大火】店頭募金 116 116 新潟三越
伊勢丹
社会福祉法人「新潟県共同募金」
2016年度 店頭募金合計 15,241 86,825
2016年度 チャリティ・店頭募金
合計
42,741 182,567
●2016年度 義援金一覧
義援金の内容 金額
(千円)
寄付先
【熊本地震】義援金 3,000 熊本県
【熊本地震】義援金 1,000 鶴屋百貨店
【熊本地震】義援金(マッチングギフト) 6,006 日本赤十字社
【イタリア中部地震】義援金 3,000 イタリア大使館
2016年度 義援金合計 13,006
●2016年度 海外店寄付金
海外店(金額) 金額(千円 2016,12レート円換算)
シンガポール伊勢丹(308,500シンガポールドル) 24,750
バンコク伊勢丹(100,000バーツ) 324
米国三越(5,000アメリカドル) 582
ローマ三越(1,000ユーロ) 123
2016年度 海外店寄付金合計 25,779

このページの先頭へ