CSR・社会貢献

ワーク・ライフ・バランス

三越伊勢丹では、従業員の多様な働き方や、仕事と家庭の両立を積極的に支援しています。従業員のライフスタイルに合わせた育児・介護支援制度などを構築し、より働きやすい環境づくりに努めています。

「子育てサポート企業」として認定

くるみんマークくるみんマーク

三越伊勢丹は2014年9月22日付で、厚生労働省東京労働局より「次世代育成支援対策推進法」に基づく認定制度において、「子育てサポート企業」として認定されました。
「次世代育成支援対策推進法」において、従業員が101人以上の企業には、従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むにあたって行動計画を策定し、都道府県労働局への届け出を行うことが義務付けられています。
三越伊勢丹は、行動計画に定めた目標の達成などが認められ、基準適合一般事業主として認定されました。

関連リンク

育児・介護支援制度

三越伊勢丹では、育児・介護にかかわる様々な支援制度を構築しています。こうした制度は、正社員だけでなく、メイト社員(領域・勤務地限定社員)も対象としています。
特に育児関連制度については多くの従業員が利用しており、「産前・産後休暇」「育児休業制度」を取得した従業員の出産後の復職率は9割を超えています。また、2017年4月現在、約460人が「育児勤務制度」を利用し、仕事と家庭の両立を図っています。
2014年度からは、フルタイム勤務への早期復帰に向けた支援として、月10日間まで一時的にフルタイム勤務が可能となる「育児勤務の一時的勤務時間延長制度」を導入しました。また、2017年度より育児勤務期間終了後の環境変化への対応として、育児勤務延長やフルタイム早番固定勤務など、勤務形態の拡充を行っています。
あわせて、グループ人財本部内に「育児関連制度相談窓口」を設置しています。育児休業中の従業員には「社内報」や「トピックスレター」を毎月発送しているほか、職場復帰前に「復職準備質問会」を開催。復職後には、人事制度の説明(労務知識の向上)や制度利用経験者からのアドバイスを聞ける「ワーキングマザー・セミナー」や、悩みや情報を共有できる「育児勤務者ランチミーティング」などを実施しています。
さらに、2015年度からは、フルタイム勤務を迎える従業員を対象とした「ワーキングマザー・セミナー2」や「育児勤務者CDP面談」を新たに実施するなど、復職やフルタイム勤務復帰に向けたソフト面の取り組みにも力を入れています。

●育児関連制度利用状況

(2017年4月現在)

制度名 制度利用期間(社員・メイト社員共通) 利用者数
社員 メイト社員
育児休業制度 原則として最長通算4年 61人 67人 128人
育児勤務制度 1子につき子が小学校3年生の3月末日まで 300人 159人 459人
●育児支援制度の体系

育児支援制度の体系

主な育児・介護支援制度
制度名 内容
産前・産後休暇 産前8週間・産後8週間の取得が可能
子の看護のための休暇 小学校就学に達するまでの子の看護に対して、子が1人であれば年間5日、2人以上であれば年間10日の利用が可能
休暇は、半日単位で取得可能
育児休業制度 子が満4歳に達する月の末日まで利用が可能(最長、1子につき3年に達する月の末日まで)
育児勤務制度 子が小学校3年生の3月31日まで利用可能(在籍期間中の育児勤務と育児休業の合計は最長10年。超えた場合は、末子が小学1年生の9月30日まで延長可能)
※2014年度より、「育児勤務の一時的勤務時間延長制度」を導入(月10日まで、本人希望により一時的にフルタイム勤務が可能)
フルタイム早番固定勤務 第1子が小学校4年生の年度末まで、第2子以降は、小学校1年生の年度末まで可能(休憩60分)
家族の介護のための休暇 対象家族1人につき年間5日、2人以上であれば年間10日の利用が可能
休暇は、半日単位で取得可能
介護休業制度 1対象家族につき、最長1年まで、1か月単位での分割取得が可能
介護勤務制度 1対象家族につき、最長3年利用が可能
再雇用制度 結婚、出産、育児、介護または配偶者の転勤等を理由に退職した場合、退職後8年以内であれば、退職時の雇用形態で優先的に再雇用する制度
グループ内継続雇用制度 結婚、育児、介護、配偶者の転勤等ライフイベントに応じ、本人希望による地域間異動を可能にする転籍制度(2016年4月~)
Voice 社員の声
髙梨 亜紀 さん
  • 伊勢丹浦和店 営業統括部 婦人服2
  • アシスタントセールスマネージャー
  • 髙梨 亜紀 さん

入社13年目にアシスタントセールスマネージャー(ASM)になり、その年に結婚。出産後、8カ月の育児休業を経て、育児勤務制度を活用し、伊勢丹浦和店のお買場(売場)に役職のないスタイリスト(販売員)として戻りました。
職場復帰して分かったことは、「接客が本当に好きなんだ」ということです。また、スタイリストの様々な立場が見えてきたことで、後輩の育成と働く環境について深く考えるようになりました。そんな折、人事部から育児勤務者に対して役職への配置希望の有無について確認があり、「子育ての経験をふまえて、3世代のお客さまの声を形にしたい」との思いから、「希望する」と回答。翌年、ASMに復帰しました。
ふたたびASMとなった現在は、日々業務に追われるなかで時間内にどれだけ成果を残すことができるか、感謝の気持ちを前へ進む力に変えて、プラス思考で取り組んでいます。子育てと将来のキャリアに迷っている人には、自分の強みを発見・発揮して、自信をもってのぞんでほしいと思います。子育てしながら楽しく仕事ができることを、後輩たちに伝えていきたいと考えています。

定年後再雇用制度

三越伊勢丹では、定年後の再雇用制度(エルダースタッフ制度)を導入しており、原則として定年後再雇用希望者全員が65歳まで継続勤務が可能な制度を整備しています。現在は定年退職者の約8割が定年後も勤務しており、定年前の役職は次世代に譲り、豊かな経験や知識を生かして現場における後輩の指導・育成を担っています。
こうした取り組みを拡大することで、経験豊かな60歳以上の従業員が活躍する機会を広げるとともに、三越伊勢丹らしさの継承を図っています。

Voice 社員の声
福原 裕さん
  • 三越日本橋本店 呉服・美術・ソリューション営業部
  • 絵画・工芸・催事・顧客開拓
  • 福原 裕さん

2009年定年間際、新入社員から約13年間所属し、百貨店人としての自分の礎となった美術部へ戻り現場で働きたいと希望を出し、異動しました。その後、現在の所属のままエルダースタッフとして仕事を続けています。
現在は主に3つの仕事に携わっています。
(1)教育:経験に基づいた知識により伝統の継承、接客の心構え等を伝え、若手の後押しに尽力しています。
(2)接客:館内美術展の応援販売から、お客さまのお宅まで直接お伺いして美術品のご案内をするなど幅広い範囲の接客を行っております。
(3)美術品のご相談受け:長らくご愛顧いただいているお客さまから美術品の選定や、お客さまのご自宅における美術品の配置やディスプレイ方法など多岐にわたるご提案を行っています。
エルダースタッフとして、百貨店の文化、美術品を販売するという文化、2つの伝統を継承することに尽力していきたいと思います。

働き方改革の取り組み「SNACK」

SNACK

2015年下期から、働き方改革により創出した時間を利用して、主体的に学びたい従業員のために、主に社内のキャリアやスキルを持っている方を講師に迎え、様々な学びの場を提供する取り組み、三越伊勢丹グループの朝活・夜活「SNACK」を実施。2016年度は69回開催し、1,813人が参加しました。

●三越伊勢丹グループの朝活・夜活SNACK

三越伊勢丹グループの朝活・夜活SNACK

「SNACK」は、(1)自分の時間を使い誰もが参加できる場、(2)従業員自らが自由に設計し教え合い学び合う場、(3)店や部署の垣根を越えた全社横断型の場、などの様々な場を提供し、主体的に学ぶ企業文化の醸成と、従業員と会社の新しい関係を築く働き方改革との連動をめざします。

  • 学びの場(社内):宝塚から学ぶ人財育成のヒント学びの場(社内):宝塚から学ぶ人財育成のヒント
  • 学びの場(社外):新聞の読み方・使い方講座学びの場(社外):新聞の読み方・使い方講座
  • 体験の場:Isetan Morning Yoga(朝ヨガ)体験の場:Isetan Morning Yoga(朝ヨガ)
  • 体験の場:フラワーエッセンスアロマミストワークショップ体験の場:フラワーエッセンスアロマミストワークショップ

このページの先頭へ

バックナンバー