CSR・社会貢献

リスクマネジメント

フロン排出抑制法への対応

2015年4月からフロン排出抑制法が全面施行され、第一種特定製品(業務用冷凍・冷蔵・空調機器)の所有者・管理者に、使用中の機器を整備・点検・記録すること、法人単位で一定量を超えたフロン漏えいがあった場合、国に報告することが義務付けられました。
三越伊勢丹グループでは、2015年度より(1)使用機器の把握、台帳の作成 (2)簡易点検(3ヶ月に1回以上)と定期点検の実施、結果の記録・保管 (3)フロン漏えいの場合、修繕、充填、証明書の保管 (4)保有量・漏えい量の集計・報告 (5)機器廃棄の際のフロン類回収を実施しています。

●フロン漏えい量
2015年度 漏えい量 4,235t-CO2
2016年度 漏えい量 4,846t-CO2

伊勢丹新宿本店 高濃度PCB含有大型トランスの解体・搬出処分を実施

伊勢丹新宿本店では、PCB(ポリ塩化ビフェニル)が絶縁材料として使用されていた大型変圧器について、その運搬・処分方法が確立していなかったために長期にわたり保管してきましたが、公益財団法人産業廃棄物処理振興財団、中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO)をはじめとする各社の協力を得て、2015年1月から20カ月かけて現場での解体・搬出処分を実施しました。
今回の作業方法は、PCBの外部漏えい防止並びに作業環境保持のためにビニールで隔離されたクリーンハウスを構築し、運転監視モニターで作業環境を監視しながら、大型トランス内部に気化溶剤を循環させて高濃度PCBを作業可能なレベルまで希釈する方法(気化溶剤循環抜油方式)を用いて、切断・解体のうえ専用の運搬用密閉容器に積み込んで処分場までの搬送を実施しました。
PCB特別措置法においては、PCB含有産業廃棄物(PCBを含む変圧器、蛍光灯用安定器等)の所有者は平成36年3月までにその処分を行うことが定められていますが、三越伊勢丹グループでは2014年度からの3年間で14億円をかけて保管していた機器の処分を行っており、今後も積極的にその処分を進めていきます。

  • クリーンハウスの設置クリーンハウスの設置
  • 抜油作業抜油作業
  • 解体した機器を密閉容器に収納解体した機器を密閉容器に収納
  • 作業終了後の現場状況作業終了後の現場状況
●処分した高濃度PCB含有大型トランス
製造 三菱電機(株)
容量 10,000kVA
外形寸法(長さ×幅×高さ) 4.1m×2.1m×3.25m
重量 27.6トン(トランス油含む)
台数 2台

このページの先頭へ

バックナンバー