CSR・社会貢献

省資源

三越伊勢丹グループでは、お客さまやお取組先などステークホルダーの皆さまとともに省資源の取り組みを行っています。百貨店業のなかで特に課題となる包装材の削減についても、お客さまにご理解とご協力をいただきながら日々推進しています。

「スマートラッピング」の推進と「エコバッグ」の販売

三越伊勢丹グループ各店では、包装材削減のため、お客さまのご用途にあった包装をお選びいただく「スマートラッピング」を推進しています。簡易包装やご自宅使いのノー包装、また手付き袋へのおまとめなど、店内放送やポスター、お声掛けでお客さまにご協力をお願いしています。

三越伊勢丹各店舗ではオリジナルのエコバッグを販売し、マイバッグとしてお客さまにご利用いただいています。また、エコバッグの売上の一部を、各自治体などへ寄付し、環境保全活動のために役立てています。
2007年より三越各店舗で販売している「三越マイバッグ」は、2013・2014年度で販売数6,289枚に対して、1枚当たり20円、総額125,780円を公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWF)へ寄付しました。
2002年より伊勢丹各店舗で販売している「伊勢丹ショッピングバッグ」は、2013年・2014年度で販売数19,804枚に対し、1枚当たり約50円、総額1,000,000円を新宿区など各店舗所在地の自治体に寄付しました。

  • 三越マイバッグ三越マイバッグ
  • 伊勢丹ショッピングバッグ伊勢丹ショッピングバッグ

これまでの寄付金額(単位:円)

伊勢丹寄付金額
2003年度 1,610,000
2004年度 1,830,000
2005年度 1,220,000
2006年度 270,000
2007年度 980,000
2010年度 650,000
2013年度 940,000
2015年度 1,000,000
合計 8,500,000
三越寄付金額
2007年度 433,060
2008年度 331,980
2009年度 143,020
2010年度 198,560
2011年度 219,640
2012年度
2013年度 125,780
2014年度
合計 1,452,040

グループ全店で業界統一「スマート・クール・バッグ」の販売

日本百貨店協会では、全国の百貨店で容器包装削減を目的に「スマート・クール・バッグ」を販売し、環境にやさしいお買物「スマートラッピング」を呼び掛けています。
2016年の「スマート・クール・バッグ」は、保冷・折りたたみタイプで、デザインは2種類。売上の一部は、(1)地球温暖化防止のため福島県の森を育てる「喜多方市森林整備加速化プロジェクト」支援と、(2)平成28年の熊本地震からの復興を支援する「熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援募金」への寄付に役立てられます。三越伊勢丹グループ全店で6月5日の世界環境デーから販売しました。

  • スマート・クール・バッグ

このページの先頭へ

バックナンバー