CSR・社会貢献

省エネルギーの推進

三越伊勢丹グループは、2015年度をグループ環境中期計画の基準年としています。

エネルギー使用量削減の取り組み

2016年度は、グループエネルギー使用量原単位を2010年度対比17%削減を目標として、グループ各店舗、事業所で対策を実施しました。
LED照明は、総額2,135百万円を投資して、全国で88,724台を設置しました。また、長期修繕の一環で、広島三越・松山三越にてエレベータの更新工事を、名古屋三越栄店、松山三越にて空調機の更新を行い、省エネを進め、引き続き冷房温度・暖房温度の緩和にも取り組みました。

2016年度のグループ店舗でのエネルギー使用量は、2010年度と比較すると、原単位では16.8%削減、総量では21.8%削減しました。

エネルギー使用量とCO2排出量

三越伊勢丹9店舗 エネルギー使用量(原単位)

三越伊勢丹9店舗 エネルギー使用量(原単位)

首都圏9店舗(原単位)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
エネルギー使用量
(MJ/千㎡•h )
1,156 969 967 1,019 998 1,008 994
2010年度比 100% 83.9% 83.7% 88.1% 86.4% 87.2% 86.0%

三越伊勢丹9店舗 エネルギー使用量(総量)

三越伊勢丹9店舗 エネルギー使用量(総量)

首都圏9店舗(総量)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
エネルギー使用量(千GJ) 2,677 2,333 2,166 2,205 2,161 2,183 2,108
2010年度比 100% 87.2% 80.9% 82.4% 80.7% 81.6% 78.7%

三越伊勢丹9店舗 CO2排出量(原単位)

三越伊勢丹9店舗 CO2排出量(原単位)

首都圏9店舗(原単位)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
CO2排出量(㎏CO2/千㎡•h) 47.7 40.1 40.1 42.1 41.3 41.7 41.3
2010年度比 100% 84.1% 84.0% 88.4% 86.6% 87.6% 86.5%

三越伊勢丹9店舗 CO2排出量(総量)

三越伊勢丹9店舗 CO2排出量(総量)

首都圏9店舗(総量)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
CO2排出量
(千tCO 2
110 97 90 91 89 90 87
2010年度比 100% 87.4% 81.3% 82.6% 81.0% 81.9% 79.2%

三越伊勢丹グループ25店舗 エネルギー使用量(原単位)

三越伊勢丹グループ25店舗 エネルギー使用量(原単位)

グループ25店舗(原単位)

2010年度 2014年度 2015年度 2016年度
エネルギー使用量
(MJ/千㎡•h )
1,086 909 909 903
2010年度比 100% 83.7% 83.7% 83.2%

三越伊勢丹グループ25店舗 エネルギー使用量(総量)

三越伊勢丹グループ25店舗 エネルギー使用量(総量)

グループ25店舗(総量)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
エネルギー使用量(千GJ) 5,479 5,261 4,920 4,812 4,571 4,403 4,280
2010年度比 100% 96.0% 89.8% 87.8% 83.4% 80.4% 78.1%

三越伊勢丹グループ25店舗 CO2排出量(総量)

三越伊勢丹グループ25店舗 CO2排出量(総量)

グループ25店舗(総量)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
CO2排出量
(千tCO 2
227 218 204 200 189 182 177
2010年度比 100% 96.4% 90.2% 88.1% 83.6% 80.4% 78.2%

エネルギー使用量・CO2排出量の算定方法:
①エネルギーの種類:電力・ガス・重油・軽油・灯油・LPG・蒸気・温水・冷水
②エネルギー使用量の原単位は、延床面積(千㎡)・営業時間(1h)当たりとします。
③CO2排出係数は、電力は東京都の排出係数を使用。その他は改正省エネ法の排出係数を使用。
 電力購買先による排出係数の違い、年度による違いは反映していません。

水使用量の削減

2016年度のグループ店舗での水使用量は、原単位で2015年度維持を目標として、前年度対比101.9%でした。

水使用量

三越伊勢丹9店舗 水使用量(原単位)

三越伊勢丹9店舗 水使用量(原単位)

首都圏9店舗(原単位)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
水使用量(㎥/千㎡•h) 0.82 0.72 0.76 0.72 0.70 0.69 0.71
2010年度比 100% 87.2% 92.2% 87.8% 84.6% 83.6% 86.6%

三越伊勢丹9店舗 水使用量(総量)

三越伊勢丹9店舗 水使用量(総量)

首都圏9店舗(総量)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
水使用量(千㎥) 1,903 1,726 1,697 1,562 1,506 1,487 1,509
2010年度比 100% 90.7% 89.2% 82.0% 79.1% 78.1% 79.3%

三越伊勢丹グループ25店舗 水使用量(原単位)

三越伊勢丹グループ25店舗 水使用量(原単位)

グループ25店舗(原単位)

2010年度 2014年度 2015年度 2016年度
水使用量(㎥/千㎡•h) 0.76 0.62 0.61 0.62
2010年度比 100% 81.6% 80.7% 82.2%

三越伊勢丹グループ25店舗 水使用量(総量)

三越伊勢丹グループ25店舗 水使用量(総量)

グループ25店舗(総量)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
水使用量(千㎥) 3,830 3,626 3,540 3,321 3,114 2,970 2,958
2010年度比 100% 94.7% 92.4% 86.7% 81.3% 77.5% 77.5%

※水使用量:一部店舗の水使用量には、上水以外に工業用水、井水を含みます。

廃棄物削減とリサイクルの推進

ゴミの分別とリサイクルの取り組み

2016年度も、グループ廃棄物最終処分量原単位を2010年度対比5%削減を目標として、グループ各店舗、事業所で対策を実施しました。

結果、グループ廃棄物最終処分量は、2010年度と比較すると原単位では16.7%削減しました。また、グループ廃棄物のリサイクル率は、72.5%の目標に対し、73.3%の実績、食品リサイクル率は、73%の目標に対し、76.6%の実績でした。

今後もグループで従業員教育の推進、レストランテナントへの生ごみの分別依頼、館内作業で分別の徹底を行っていきます。

廃棄物最終処分量とリサイクル率

三越伊勢丹9店舗 廃棄物最終処分量とリサイクル率

三越伊勢丹9店舗 廃棄物最終処分量とリサイクル率

首都圏9店舗

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
最終処分量(t) 3,360 3,468 3,908 3,490 3,321 3,209 3,075
リサイクル率 78.7% 79.2% 76.1% 78.6% 79.2% 79.4% 79.7%
最終処分量原単位㎏/(売上百万円当り) 5.2 5.4 6.2 5.2 5.1 4.7 4.7

三越伊勢丹9店舗の廃棄物最終処分量原単位は前年より1.4%削減し、リサイクル率は0.3ポイント上がり79.7%、食品リサイクル率は80.9%でした。

三越伊勢丹グループ25店舗 廃棄物最終処分量とリサイクル率

三越伊勢丹グループ25店舗 廃棄物最終処分量とリサイクル率

グループ25店舗

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
最終処分量(t) 9,397 10,363 10,655 9,721 9,167 8,482 7,835
リサイクル率 69.5% 68.6% 67.0% 70.2% 71.3% 72.2% 73.3%
最終処分量原単位㎏/(売上百万円当り) 8.3 9.0 9.4 8.1 8.0 7.3 6.9

三越伊勢丹グループ25店舗の廃棄物最終処分量原単位は前年より5.2%削減し、リサイクル率は2.1ポイント上がり73.3%、食品リサイクル率は77.6%で、5.1ポイント改善されました。

このページの先頭へ

バックナンバー