CSR・社会貢献

日本のもの・こと・ひとづくり JAPAN SENSES

百貨店として世界に通じる日本の良さを発信

三越伊勢丹グループは、文化の醸成、価値観の提案という百貨店の存在意義を発揮するために、日本の良さに注目した取り組みを進めています。
「日本を元気にしていく」という志のもと、当グループは百貨店という事業特性を生かして、つくり手(産地)と使い手(お客さま)をつなげる役割を担っていきたいと考えています。

JAPAN SENSES(ジャパン センスィズ)当グループでは、2011年より推進してきた「JAPAN SENSES」を、企業メッセージ「this is japan.」のもと、2015年から取り組みの規模を広げ、世界に通じる日本の良さを発信し、地域・地方の活性化につなげています。

「青の美」をテーマに瀬戸内をクローズアップ

「青の美」をテーマに瀬戸内をクローズアップ

2016年春の「JAPAN SENSES」では、「青の美」をテーマに瀬戸内エリアをクローズアップ。日本人が古くから親しみ、自然界の象徴ともいえる「青」がもつ魅力を発信するとともに、瀬戸内の伝統技術・文化を盛り込んだ数々のアイテムをご紹介しました。また同時期に催された「瀬戸内国際芸術祭2016」とシンクロナイズした企画も展開しました。

瀬戸内国際芸術祭2016×三越伊勢丹

2016年で3回目を迎えた「瀬戸内国際芸術祭」は、島々の伝統文化や美しい自然を生かした現代美術を通して瀬戸内の魅力を世界に向けて発信し、地球上のすべての地域の「希望の海」になることをめざしています。三越伊勢丹グループはその姿勢に共感し、同芸術祭のプロモーションパートナーとして、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店、高松三越をベースにコラボエキジビションを開催しました。

伊勢丹新宿本店「海の曼荼羅」

伊勢丹新宿本店では、3月30日から4月12日まで、芸術祭の総合ディレクター、北川フラム氏設定のテーマ「海の曼荼羅」のもと、国内外から芸術祭に参加した11人のアーティストの作品を、本館1階吹き抜けやウインドウなどで展示しました。

  • 伊勢丹新宿本店本館1階ウインドウ伊勢丹新宿本店本館1階ウインドウ
  • 伊勢丹新宿本店本館1階吹き抜け
伊勢丹新宿本店本館1階吹き抜け
  • アートで彩られた本館1階ウインドウ
  • アートで彩られた本館1階ウインドウ

アートで彩られた本館1階ウインドウ

Featuring 猪熊弦一郎

三越日本橋本店、三越銀座店、高松三越は、「瀬戸内国際芸術祭2016」の出品アーティストであり、三越の包装紙「華ひらく」の生みの親でもある猪熊弦一郎氏をテーマに、芸術祭とつながることで、同氏を生んだ瀬戸内からアートの魅力を探り、新しい創造性を発見する機会として、エキジビションや三越「華ひらく」コレクションを展開しました。

戦後間もない1950年、猪熊弦一郎氏によってデザインされた、日本の百貨店で初めてのオリジナル包装紙「華ひらく」。斬新でありながらシンプルで、包むものを引き立てるデザインは、今や三越の代名詞的存在となっています。
三越日本橋本店 三越銀座店

三越日本橋本店中央ホールで開催した<猪熊弦一郎と「華ひらく」展>三越日本橋本店中央ホールで開催した
<猪熊弦一郎と「華ひらく」展>

3月30日より、「華ひらく」デザインが様々なアイテムとコラボすることで新たな価値として誕生した、三越「華ひらく」コレクションのアイテムをご紹介しました。

  • 「華ひらく」で飾られた三越日本橋本店1階ウインドウ「華ひらく」で飾られた三越日本橋本店1階ウインドウ
  • 三越日本橋本店本館1階でご紹介した「華ひらく」コレクション
  • 三越日本橋本店本館1階でご紹介した「華ひらく」コレクション

三越日本橋本店本館1階でご紹介した「華ひらく」コレクション

  • 「華ひらく」でディスプレイされた三越銀座店1階ウインドウ「華ひらく」でディスプレイされた三越銀座店1階ウインドウ
  • 三越銀座店7階で「華ひらく」コレクションをご紹介三越銀座店7階で「華ひらく」コレクションをご紹介
高松三越

「華ひらく」の立体巨大ドーム「華ひらく」の立体巨大ドーム

高松三越では、三越「華ひらく」コレクションのご紹介とともに、まちなかアートとして、地元出身の猪熊氏の作品「華ひらく」をモチーフにした「華ひらく」の立体巨大ドームが、丸亀町壱番街ドーム前広場に出現しました。

  • 高松三越1階エントランスロビーで「華ひらく」コレクションをご紹介高松三越1階エントランスロビーで「華ひらく」コレクションをご紹介
TOPICS

伊勢丹新宿本店 「EHI - MEGURI」

伊勢丹新宿本店 「EHIME×ISETAN E de I ~いい出会い~」

瀬戸内エリアのクローズアップ企画として、伊勢丹新宿本店では、瀬戸内のなかでも特に「愛媛県」にフォーカス。様々なアイテムをご紹介し、地域の活性化・支援につなげました。

本館5階リビングフロア センターパークでは「EHIME×ISETAN E de I ~いい出会い~」と題し、愛媛の伝統の技や文化が盛り込まれたアイテムの数々をご紹介しました。

宇和島産ブラッドオレンジを使用したシュークリーム

本館地下1階食品フロアでは、宇和島産ブラッドオレンジを使用したシュークリームをご紹介。ブラッドオレンジは、愛媛県の新たな産品として注目されています。

このページの先頭へ