CSR・社会貢献

重点領域① 文化・芸術

三越伊勢丹グループでは、お客さまのライフスタイルをより豊かなものにするため、世界中の価値ある文化や芸術をご紹介する取り組みや、日本の良さをあたらしい価値として再認識していただく取り組み「JAPAN SENSES」、さらに「クール・ジャパン戦略推進事業」に代表される日本と世界をつなぐ活動など、文化・芸術を支援する様々な取り組みを行っています。

特に、日本の伝統的な文化・芸術を守り、後世に受け継いでいくことは、歴史ある百貨店としての社会的使命であると同時に、自らのアイデンティティーを守ることでもあると認識し、社会貢献活動の重点領域の一つとして、今後も店頭での営業活動を通じた「文化・芸術」の支援に取り組んでいきます。

日本のもの・こと・ひとづくり「JAPAN SENSES」

当グループでは、2011年度から世界に誇れる日本の良さをあたらしい価値として再認識していただく取り組みを「JAPAN SENSES」と題してご紹介しています。

急速な少子高齢化や経済のグローバル化が進むなかで、地域社会を取り巻く環境が変化しています。地域産業の疲弊や地域文化の衰退など、社会の課題に向き合い、企業活動を通じてその解決に貢献することで、かかわりのあるすべての人々のその先(未来)が豊かになる活動ととらえ、取り組んでいます。

2015年からは、その取り組みをさらに進化させ、新たに企業メッセージ「this is japan.」を掲げ、商品はもとより販売サービスに至るまで、世界に通じる日本の良さを発信していきます。

関連リンク

アート&クリエーション

2015年8月、お客さまに身近な環境でアートやクリエーションを感じていただく取り組み「アート&クリエーション」を伊勢丹新宿本店・三越日本橋本店・三越銀座店の3店舗で開催しました。

三越伊勢丹のフィルターを通した「アート」「クリエーション」をご提案し、「文化・芸術」支援につなげていきます。

伊勢丹新宿本店「ART IS THE FUTURE.」

伊勢丹新宿本店では、8月12日から24日までアートの先に未来が見える2週間「ART IS THE FUTURE.」をテーマに開催。ファインアートからデザインまで、様々な切り口で、アートが店内を彩りました。

ウインドウには「新宿美術館~LAND of SHINJUKU by ISETAN」として、クリエイティブディレクターにアーティストの寺井ルイ理氏を起用。新宿の現在と未来を想起させるアートとして構成しました。

  • 寺井ルイ理氏のディレクションによるウインドウ・アート
  • 寺井ルイ理氏のディレクションによるウインドウ・アート

寺井ルイ理氏のディレクションによるウインドウ・アート

また本館7階催物場では、「MAU武蔵野美術大学×ISETAN」と題し、武蔵野美術大学の学生、卒業生で35歳までの若手クリエーター約60人による作品を展示販売しました。

  • 「MAU武蔵野美術大学×ISETAN」のエントランスと会場風景
  • 「MAU武蔵野美術大学×ISETAN」のエントランスと会場風景

「MAU武蔵野美術大学×ISETAN」のエントランスと会場風景

「アートスリムボトルチャリティ」

「アート&クリエーション」の一環として、日本コカ・コーラ株式会社との協働で<コカ・コーラ>ボトル100周年を記念した「アートスリムボトルチャリティ」を開催。<コカ・コーラ>スリムボトルをモチーフにして、日本で活躍するアーティストやクリエーターが制作したアート作品「アートスリムボトル」を一堂に展示しました。

「アートスリムボトルチャリティ」に皆さまからご協力いただいたチャリティ金は、計2,280,000円となり、“アートと子ども”をテーマに、芸術する心(創造力と想像力)を育む活動をサポートする東日本復興支援プロジェクト「こども芸術の家」に寄付しました。

  • 本館1階ザ・ステージの「アートスリムボトルチャリティ」会場
  • 本館1階ザ・ステージの「アートスリムボトルチャリティ」展示作品

本館1階ザ・ステージの「アートスリムボトルチャリティ」会場と展示作品

三越日本橋本店「創造のまなざし時を超える」

「北斎漫画」からインスピレーションを得た本館1階ウインドウのアート「北斎漫画」からインスピレーションを得た本館1階ウインドウのアート

三越日本橋本店のテーマは「創造のまなざし時を超える」。メイン企画として、8月12日から17日まで本館1階中央ホールで、「北斎漫画の世界へようこそ」を開催しました。
江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎は、印象派の画家に影響を与え、世界に認められた画家。その代表作である画集「北斎漫画」からセレクトした浮世絵版画のほか、「北斎漫画」をモチーフにした様々な商品のご紹介や、江戸職人の技を体験できるワークショップを開催しました。

  • 「北斎漫画の世界へようこそ」の会場風景
  • 「北斎漫画の世界へようこそ」の会場風景

「北斎漫画の世界へようこそ」の会場風景

  • 「北斎漫画」をモチーフにした商品をご紹介
  • 「北斎漫画」をモチーフにした商品をご紹介

「北斎漫画」をモチーフにした商品をご紹介

また、本館5階では、「今の暮らしに息づく江戸アート」と題し、江戸時代より庶民の暮らしに根付き、現代にその形を残すものや、技術を継承しながら新しいデザインに生まれ変わったものなど、先人たちが守り伝えてきた品々をご紹介しました。

  • 伝統の技が光る江戸指物の飾棚や、空間を和ませる江戸からかみの明かりなどをご紹介
  • 伝統の技が光る江戸指物の飾棚や、空間を和ませる江戸からかみの明かりなどをご紹介

三越銀座店「JAPAN ポップカルチャー」

三越銀座店のテーマは、世界中の多くのアーティストやクリエイターに影響を与えた「JAPAN ポップカルチャー」。最旬グローバル百貨店をめざす銀座店では、リモデルで閉鎖中の壁面を利用したアートウォールやディスプレイなどで大人も楽しめる「JAPAN ポップカルチャー」をご紹介し、夏休みにご来店されたお客さまをお迎えしました。

  • 1階エスカレーター前のディスプレイ1階エスカレーター前のディスプレイ
  • 閉鎖中の壁面を利用したアートウォール閉鎖中の壁面を利用したアートウォール

三越伊勢丹ホールディングス史料室

三越は、江戸時代からの歴史と伝統を有するとともに、1904年(明治37年)の「デパートメントストア宣言」で知られるように、日本で最初の百貨店でもあります。

史料室では、長きにわたり受け継がれてきた歴史的史料を保管しており、その分野は、経営、美術、建築、文学、流行など多岐にわたり、当グループの歴史はもちろん、百貨店そのものの歴史を知るうえで重要なものが多く、学術的にも、有識者の方々から高く評価されています。社内はもちろん、お客さまや研究者、マスコミからの問い合わせに対応し、広くアーカイブズを活用しています。

江戸東京博物館「近代百貨店の誕生―三越呉服店―」展に出品協力

2016年3月19日から5月15日まで、江戸東京博物館で開催された企画展「近代百貨店の誕生―三越呉服店―」に、三越伊勢丹が所蔵する史料の出品協力をしました。

この企画展では、百貨店前史として明治維新後に上野で開催された博覧会から始まり、三井呉服店に陳列販売方式を導入し様々な経営改革を行った高橋義雄の事績、日比翁助による「デパートメントストア宣言」と近代的百貨店への転換、「今日は帝劇、明日は三越」のキャッチコピーを生みだした濱田四郎の広報戦略などにフォーカスし、近代百貨店へと変わっていく三越が紹介されました。

  • 「近代百貨店の誕生―三越呉服店―」ポスター「近代百貨店の誕生―三越呉服店―」ポスター
  • 三越呉服店ポスター 「むらさきしらべ」(三越伊勢丹所蔵) 三越呉服店ポスター 「むらさきしらべ」(三越伊勢丹所蔵) 
  • 三越呉服店ポスター 左から「元禄風俗美人」(三越伊勢丹所蔵)、「此美人」、「エンゼル『春の売出し』」、「三越呉服店 諒闇に入る」

三越呉服店ポスター 左から「元禄風俗美人」(三越伊勢丹所蔵)、「此美人」、「エンゼル『春の売出し』」、「三越呉服店 諒闇に入る」

今によみがえる歴史的史料

当グループでは、所蔵する歴史的史料にスポットを当て、改めて商品やパッケージデザインに生かすことで、新たな価値の創造としてお客さまにご提案しています。

2014年からスタートしたこの取り組みは、歴史的史料を活用したオリジナルのギフト商品として三越のお中元・お歳暮カタログに掲載し、多くのお客さまにご紹介しています。

1908年(明治41年)に三越呉服店に専属図案家として入社した杉浦非水は、アール・ヌーボーなどの洋風デザインを絶妙に取り入れた数多くの宣伝物を世に送り出しました。大胆かつ繊細、そして時代の空気を先取りした杉浦非水のデザイン画を活用した商品は、現代においても、新鮮な驚きや感動を与えてくれるオリジナリティーあふれる特別なギフトとして、お客さまに好評をいただいています。

  • 1913年(大正2年)PR誌『三越』1913年(大正2年)PR誌『三越』
  • 杉浦非水画 限定品ギフト杉浦非水画 限定品ギフト
TOPICS

伊勢丹立川店 「アール・ブリュット立川2015」

2015年10月14日から18日まで、伊勢丹立川店5階特別室にて「アール・ブリュット立川2015」を開催しました。“アール・ブリュット”とは、フランス語で「生(き)の芸術」を意味し、専門の美術教育を受けていない人たちが生み出した作品を指しています。また、その作家は障がいをもつ場合が多く、自由で斬新な発想で創造された作品は、近年日本でも注目を集めています。

本格的なアール・ブリュット展として初の多摩地区開催となる「アール・ブリュット立川2015」は、立川市や国立市など多摩地区在住の知的障がい者や視覚障がい者の絵画や陶芸など約60点を展示。伊勢丹立川店では地域貢献の一環として展示スペースの貸し出しをはじめ、立川ビジョンを使用した告知など、地域の皆さまへの情報発信に取り組みました。

  • 展示会場のエントランス展示会場のエントランス
  • 「アール・ブリュット立川 2015」のパンフレット「アール・ブリュット立川 2015」のパンフレット
  • お客さまで賑わう会場お客さまで賑わう会場
  • 自由な発想で描かれた作品自由な発想で描かれた作品

このページの先頭へ