CSR・社会貢献

環境に配慮した商品・サービス

三越伊勢丹グループでは、サスティナブルな社会をめざし、自然を想い、人と環境に優しい商品・サービスをご提供しています。

「グローバル・グリーン キャンペーン」を開催

2016年5月9日~24日、持続可能な社会の実現に向けて先進的なモノ・コト・暮らし方を提案する「グローバル・グリーン キャンペーン」をグループ全店舗で開催。「人と自然の心地よい関係性」の創造をテーマに、自然の恵みを無駄にしないこと、良いものを捨てずに再利用すること、またクリエイティブな商品開発やあたらしいライフスタイルについて提案しました。

伊勢丹新宿本店

アフリカの雇用創出につなげるブランド<クラウディ>

「DOYA YUTO “DOOOOOOOO” Action for Africa」と題し、NPO法人「DOOOOOOOO」が運営するアフリカンテイストのアパレルブランド「クラウディ」をご紹介しました。商品は、ケニア、ガーナを中心としたアフリカ諸国の素材を使った、現地の人の手によるアパレルアイテムです。

「クラウディ」では、売上の10%を現地に還元し、かつ工場を建てて雇用を創出することで、現地の人々が自走できる仕組みをつくっています。還元された売上の一部は、ガーナ学校の建設費用に充てられます。

  • 「クラウディ」のアパレル商品「クラウディ」のアパレル商品
  • 現地の素材を使ったアイテム現地の素材を使ったアイテム

関連リンク

「Green tourism in Tokyo」

「東京の百貨店が東京の森のためにできること」をキーワードにしたイベントを、(株)東京・森と市庭(いちば)と協業で開催しました。

東京の木を生かした家具や暮らしの道具を通じて、森とつながりのある暮らし方を提案。素材には、東京都西部に広がる奥多摩の森から出た間伐材を活用しました。イベントに先駆けて、スタイリストが奥多摩へ赴き、森の歴史や林業について学ぶ研修も行いました。

  • 針葉樹でつくった「ホタルスツール」針葉樹でつくった「ホタルスツール」
  • 木を生かした家具や暮らしの道具木を生かした家具や暮らしの道具

関連リンク

「グランプ・フェア2016」

アウトドアをお洒落に快適に楽しむ“グランピング”と呼ばれるあたらしいライフスタイルをご紹介しました。“グランピング”とは、グラマラス(魅力的な)とキャンピングを組み合わせた造語。自然環境のなかにシャワーや洗面所、ベッドなどのついた居室スペースを設え、贅沢かつ快適なあたらしいキャンプ、リゾートの形態です。屋上アイ・ガーデンでは、テント型のグランピング施設を展示しました。

  • 屋上アイ・カーデンで展示したテント型グランピング施設屋上アイ・カーデンで展示したテント型グランピング施設
  • テント内は本格的グランピングリゾートテント内は本格的グランピングリゾート

三越日本橋本店

自然素材を使ったアクセサリー

ビバーナムティナスの実を使ったアクセサリービバーナムティナスの実を使ったアクセサリー

暮らしに寄り添った、持続可能なものづくりをめざすブランド「F&F」をご紹介。自然の素材を使い、手仕事でつくられたアクセサリーをご提案しました。

残布を生かしたモノづくり

クリエーターの丁寧な手仕事によって仕上げられたストールクリエーターの丁寧な手仕事によって仕上げられたストール

リペア(Repair)、リフォーム(Reform)、リメイク(Remake)の“3R”をモノづくりに生かす活動「リクチュール」。ファッションクリエーターたちが残布や切れ端からつくり出したおしゃれなストールをご紹介しました。

三越銀座店

「MOTTAINAI~使い方の創造展 in GINZA~」

9階銀座テラスで、総合リサイクル企業として廃棄物の様々な使い方を提案している(株)ナカダイと共同で展示会を開催しました。

廃品リサイクルと環境問題についてパネル展示したほか、選別・分類した廃棄物をあらたな素材としてとらえて展示販売しました。

  • 廃棄物のあらたな使い方を創造する展示販売廃棄物のあらたな使い方を創造する展示販売
  • 間近に見る信号機の想像以上の大きさにびっくりされるお客さまも間近に見る信号機の想像以上の大きさにびっくりされるお客さまも
  • 未使用プラスチックキャップのプールはお子さまに人気未使用プラスチックキャップのプールはお子さまに人気
  • 不要になったマウスやペットボトルキャップで装飾した1階ウインドウ不要になったマウスやペットボトルキャップで装飾した1階ウインドウ

(株)ナカダイ常務取締役の中台さんと当グループの環境担当によるトークセッション

5月14日には、「企業が考えるこれからの廃棄物対策」をテーマに、(株)ナカダイ常務取締役の中台さんと当グループの環境担当によるトークセッションを実施しました。

静岡伊勢丹

「オクシズの木×静岡伊勢丹」

静岡伊勢丹では、“オクシズネット”とのコラボにより、オクシズ材(静岡市産材)の魅力を発信するコラボレーション企画を各階で開催しました。オクシズとは、静岡市がPRしている同市中山間地域の愛称。美しい景観が今も多く残り、良質な農産物や木材を産み出している地域です。

正面玄関では、オクシズで育った“ひのき”と“杉”で飾られたオブジェを展示。期間中、7階玩具特設会場では、木のフォトフレームづくりやおもちゃのチェーンソーで木の枝を切る「きこり体験」などお子さまたちが木と触れ合うイベントも開催しました。

  • ひのきを使用したカウンターで、オクシズの新茶を振る舞いましたひのきを使用したカウンターで、オクシズの新茶を振る舞いました
  • おもちゃのチェーンソーでマグネット式の木の枝を切るきこり体験中のお子さまおもちゃのチェーンソーでマグネット式の木の枝を切る
    きこり体験中のお子さま

このページの先頭へ