CSR・社会貢献

安全・安心への取り組み

「リスクマネジメント室」は、三越伊勢丹グループに存在するすべてのリスクならびに各部門で実施されるリスクマネジメントを一元的に統括し、横断的な視点でリスクマネジメントの推進に取り組んでいます。
また、全社レベルでの対応が必要なリスクが発現した場合には、トップ直轄の組織として、素早い意思決定のもと、機動力の高いリスク対応を行っています。

具体的な取り組み

1)グループ全体のリスクマネジメント体制の整備

経営層を中心とする「コンプライアンス・リスクマネジメント委員会」を原則年2回開催し、グループ全体のリスクマネジメント体制の方向性などを確認し、施策を実行してまいります。
また、「コンプライアンス・リスクマネジメント委員会」の目的を達成するための実務を担う「リスク対策部会」を原則年2回開催し、グループ全体へ施策を周知することで、連携を強化し、グル-プ全体の統合的なリスクマネジメント体制の整備を図ります。

2)企業の有事対応力の向上

企業価値を損ねる経営レベルのリスクに対応するため、緊急時対応計画を作成し、有事発生の際の対応力を強化いたします。

3)潜在リスクを考慮した防止策の策定

内部監査担当が行う、業務監査活動のなかに、「潜在リスク」に対する防止策の実践度を対象に加え、防止策の定着度合いを確認し、課題がある場合には、改善指示を行います。

4)日々のリスク情報の収集・整理およびリスクレベルの判断

速やかに情報共有を図り、対策が講じられるようにレポートラインを再構築し、日々発生する事件事故情報を一元管理することで、リスクレベルの判断を行います。

5)リスクの再評価とリスクマップ(※)の洗い替え

リスクマップ上の「各リスクの位置の決定方法」および「重点リスクの選定基準」の明確化に取り組み、当社の現状が反映され、的確な経営対応がとれるように、リスクマップの洗い替えを行います。

リスクマップ…企業のリスクを洗い出し、縦軸に「被害、影響の大きさ」、横軸に「発生の可能性頻度」を用いたマトリクスで表現したもの

リスクマネジメント組織体制

リスクマネジメントの組織体制

<2016年6月現在>

  • 各店舗での取り組み

このページの先頭へ