CSR・社会貢献

お客さまのCSRアンケート結果報告

2016年2月上旬、三越伊勢丹Web会員の皆さまを対象に、本年で4回目となるCSR活動に対するWebアンケートを実施いたしました。15,349人の方からご回答をいただき、6,356件ものご意見も頂戴いたしました。ご協力いただいた皆さまには、誠にありがたく、御礼申し上げます。
頂戴いしました貴重なご意見は、今後のCSR活動に生かしてまいりたいと存じます。
なお、アンケートの集計結果は以下のとおりです。

1.アンケートにお答えいただいたお客さま

属性内訳グラフ

2.質問に対するご回答(抜粋)

2015年1月、三越伊勢丹グループは企業メッセージ「this is japan.」を発信しました。
これは、これからの未来に向かって、あらたな三越伊勢丹グループをつくりあげてゆく私たちの意思と行動の基盤となる、「こころがまえ」の合い言葉です。
あなたは、この企業メッセージ「this is japan.」をご存じですか。(認知度の確認)

内訳グラフ

三越伊勢丹グループが企業メッセージ「this is japan.」を具現化する取り組みとして
あなたのご意見にもっとも近いものをお選びください。(共感度の確認)

内訳グラフ

三越伊勢丹グループの企業メッセージ「this is japan.」の認知度は25.5%でした。具現化する取り組みについての共感度をお聞きしたところ、約8割のお客さまにご支持をいただいていることがわかりました。特に、「日本の優れた商品を海外へ発信すること」については9割近くの方に共感をいただき、今後の取り組みに対する方向性が確認できました。今後も、共感いただける取り組みを推進しながら、企業メッセージ「this is japan.」の認知度を上げ、三越伊勢丹グループの企業価値向上に努めてまいります。

三越伊勢丹グループが行っている取り組みについてご存知ですか。また利用したことがありますか。
【チャリティ活動・義援金】 *1:前年はキティちゃんグッズ *2:新規取り組み

内訳グラフ

チャリティ活動・義援金の取り組みでは、グループ全体、または首都圏店舗で取り組んでいる「東日本大震災募金・義援金」「ピンクリボンキャンペーン」「百貨店協会被災地復興支援キャンペーン」は前年より数値は低下しているものの、5割以上のかたに認知いただいており、認知度の高い取り組みとなっています。
それに対し、グループ全体で被災地支援のひとつとして取り組む「どんぐりバッヂキャンペーン」は、全体的な認知はまだ低いものの、前年に比べて認知度は高くなっており、グループとして独自性をもち継続的に取り組んでいることがお客さまに、認知いただいた結果と考えられます。また、被災地支援の取り組みとしても、「被災地へのチャリティによる寄付活動」に対する共感度が大きく伸長し、当グループの社会貢献活動に対するお客さまのご期待・ご要望も「被災地支援」や「チャリティ」の分野に多く寄せられていることから、今後も三越伊勢丹グループ全体として、当社ならではの社会貢献活動をすすめ、企業価値の向上につなげてまいります。

三越伊勢丹グループは、様々な社会貢献活動のなかで、3つの領域【(1)文化・芸術、(2)被災地支援、(3)地域の人々と暮らしの応援】を重点的に取り組んでおります。各分野の取り組みで共感いただける活動はどのような活動ですか。(複数回答可) *新規設問

文化・芸術

文化・芸術

被災地支援

被災地支援

地域の人々と暮らしの応援

地域の人々と暮らしの応援

【文化・芸術】【被災地支援】の領域では、昨年から引き続き、本業を通じた営業活動による支援・活動に共感いただける方が多くいらっしゃることがわかりました。【地域の人々と暮らしの応援】の領域では、全ての活動において昨年より共感度が高まっており、お客さまの地域支援への関心が高まっていると思われます。特に「女性の活躍支援」については大幅にアップしており、近年当社グループでも「子育てサポート企業」として厚生労働省東京労働局から認定を受けるなど、「女性の活躍支援」に取り組む方向性とお客さまの関心度が合致していることが確認できました。
今後もお客さまに共感していただける、わかりやすい取り組みを継続して行ってまいります。

お客さまよりいただいたご意見(抜粋)

被災地への支援活動を長く続けてほしいです。大震災から時間が経ち東京在住ということもあってつい忘れがちになってしまいますが、三越伊勢丹の店舗に行って被災地支援のキャンペーンがあると協力する機会を作ってくれます。

他企業(異業種も含め)ではなく、「三越伊勢丹だからこそできるCSR」に注力して取り組んでいただきたいと思います。たとえば、文化の伝承も、伝統ある三越伊勢丹だからこそできる取り組みだと思います。このようなメッセージ性のあるCSRによって、三越伊勢丹ブランドがさらに高まるのだと思います。

三越伊勢丹グループは、伝統と新しいことへの挑戦の姿勢を兼ね備えた企業と認識しています。その安心感、信頼感があるからこそ、御社からの発信は意味が大きいと思います。今後も積極的な活動を期待しております。

このアンケートを通して、様々なCSR活動を実践されていることを理解しました。これからも、グループ全体で、日本全国で活動を継続していかれることを期待します。
今後も思いやりのある企業として育成・環境保全・文化発展等、多様な社会的貢献活動を積極的に発信して頂きたいと思います。自身でも協力できるところは積極的に参加して行きたいと思います。

今回のアンケートでは質問へのご回答のほか、約6,300件もの貴重なご意見を頂戴いたしました。改めて御礼申し上げます。「被災地への支援」「日本の伝統文化への支援」「グループ全体での取り組み推進」など、当グループの取り組みに対する期待のメッセージを多くいただきました。今後もステークホルダーの皆さまのご意見を伺う機会を設けて、三越伊勢丹グループのCSR活動について、より共感いただけるよう取り組んでまいりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ