CSR・社会貢献

お客さまのCSRアンケート結果報告

2017年2月、三越伊勢丹WEB会員の皆さまを対象に、本年で5回目となるCSR活動に対するWEBアンケートを実施いたしました。14,299人の方からご回答があり、6,448件ものご意見も頂戴いたしました。ご協力いただきました皆さまには、誠にありがたく、御礼申し上げます。頂戴した貴重なご意見は、今後のCSR活動に生かしてまいりたいと存じます。
なお、アンケートの集計結果は以下の通りです。

1.アンケートにお答えいただいたお客さま

属性内訳グラフ

2.質問に対するご回答(抜粋)

三越伊勢丹グループのCSR活動についてご存知ですか。(認知度の確認)

内訳グラフ

三越伊勢丹グループのCSR活動について、あなたのお考えにもっとも近いものをお選びください。(共感度の確認)

内訳グラフ

三越伊勢丹グループのCSR活動の認知度は、36.8%で前回よりもアップしました。共感度につきましては、今回も9割以上のお客様に共感をいただき、店頭で継続して取り組んでいる活動が、CSR活動としてご支持いただいている結果と思われます。

三越伊勢丹グループが行っている以下の取り組みについて、ご存知ですか。また、参加/利用したことがありますか。(具体的取り組みの認知度:知っている+参加/利用したことがある)

内訳グラフ
*1
「ジャパンセンスィズ」世界に誇れる日本の良さを再認識し、新しい価値として提案する取り組み(グループ店舗)
*2
「世界から猫が消えたなら」チャリティキャンペーン。グローバルグリーンキャンペーンのもと東宝(株)と連動した動物愛護のキャンペーン(グループ店舗)
*3
「Kiss the Earth」“人に地球に優しいキスを”をスローガンとした環境活動(グループ店舗)

当社グループのCSRの具体的活動の認知度(知っている+参加/利用したことがある)では、震災への募金活動、スマートラッピング、熊本復興支援チャリティ、ピンクリボンキャンペーン、など、グループ全体で取り組んでいる活動に対する認知が高い結果としてあらわれました。

以下のような社会課題のうち、今後、三越伊勢丹グループが特に重点的に取り組むべきと思うものを、3つまで選んでください。

内訳グラフ

社会の様々な課題の中から、当社グループの事業の方向性を踏まえて導き出した課題について“今後当社グループが特に重点的に取り組むべきだと思うもの”をご回答いただきました。
商品の品質・安全の確保が73.7%と一番高く、次いで、食品ロスの削減27.6%、持続可能な資源の利用(リユース・リサイクルなどによる資源の有効活用など)23.1%、文化振興(文化展の開催、芸術支援など)21.5%の順でご要望が高い結果となり、今後の取り組みに対する方向性が確認できました。

お客さまからいただいたご意見(抜粋)

期待するのは、消費者にとっては信頼できる安心・安全な商品であること、製品の生産者にとってはお互いwin-winであること、社会にとっては環境保全やリサイクルできることです。社会貢献を自分たちだけの自己満足にしないよう、三方よしであることを望みます。

環境に配慮した活動で、他の企業にはない独自の取り組みをアピールしながら行って欲しい。

CSRの中でも、文化の発信というものは、貴社だからこそ魅力的に取り組めるものだと思っています。とても期待しています。

CSR活動の内容が多いので、グループの象徴となる活動に集中して取り組んだ方がわかりやすいと思う。顧客に印象づけることで、企業がCSRに取り組む意義が生まれると思う。

今回のアンケートでは質問へのご回答のほか、約6,400件もの貴重なご意見をいただきました。改めて御礼申し上げます。「商品の品質・安全の確保」「環境問題への取り組み」「文化振興への取り組み」など、当社グループの取組みに対する期待のメッセージを多くいただきました。今後もステークホルダーの皆さまのご意見をお伺いする機会を設けて、三越伊勢丹グループのCSR活動に、より認知・共感いただけるよう取り組んでまいりますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ