CSR・社会貢献

2015年特集1 「this is japan.」

三越伊勢丹グループは、グループ企業理念を実践するため、企業メッセージ「this is japan.」を、企業活動の方向をより明確に示す言葉として、来るべき2020年に向け、2015年新春から発信しています。

呉服店の時代から、私たちのこころとからだの深くに刻み込まれた、日本の五感を働かせた、ものづくり、品揃え、もてなしを、今ふたたびその一つひとつに磨きをかけ、あらたに発見し、創造する。日本のお客さま、世界のお客さまをとびきりの笑顔でお迎えするために。「this is japan.」とは、未来に向かってあらたな三越伊勢丹グループをつくりあげてゆく、「こころがまえ」の合い言葉です。

私たちはこれまで、一人ひとりの個性から生まれる創意工夫をこらし、百貨店として一人ひとりのお客さまのお望みを察して、丁寧に接するよう努めてきました。
時代の変化のなかで、お客さまのライフスタイルも大きく変わりました。お客さまはインターネットを存分に使いこなし、価値観をご自身で組み立て、ライフスタイルを編集されています。だからこそ、対面のコミュニケーションの価値が高まっていると考えます。お客さまがスタイリスト(販売員)と、インターネットの情報をシェアし、五感を刺激するリアル店舗への関心と信頼を深め、信頼できるスタイリストとの対等なやりとりを楽しんでいただけるような、コミュニケーションの価値と未来の可能性を、私たちはあらたに発見していきます。

三越伊勢丹グループは、この企業メッセージを経営方針の一環とし、企業活動を進めてまいります。

このページの先頭へ