CSR・社会貢献

労働慣行(従業員とともに)

「平成26年度 ダイバーシティ経営企業100選」に選出されました

平成26年度 ダイバーシティ経営企業100選

三越伊勢丹で推進している、「契約社員の正社員化などを通じた女性の活躍の場の拡大」や、「知的障がい者の能力を活かした業務の切り出しによる効率化の実現」などが評価され、経済産業省による「平成26年度 ダイバーシティ経営企業100選」に選出されました。

関連リンク

「子育てサポート企業」として認定されました

くるみんマーク

三越伊勢丹は2014年9月22日付で、厚生労働省東京労働局より「次世代育成支援対策推進法」に基づく認定制度において、「子育てサポート企業」として認定されました。

関連リンク

「第4回 日本HRチャレンジ大賞 奨励賞」を受賞しました

第4回日本HRチャレンジ大賞

三越伊勢丹の、「個人と徹底的に向きあう」ことを掲げてのインフラ整備、個人レベルの可視化とレベルに合わせた育成計画など、一人ひとりが持てる力を最大限に引き出すことで推進する人事改革は、「人材育成の根源的要素にアプローチする取り組み」として評価され、「第4回日本HRチャレンジ大賞」(主催:日本HRチャレンジ大賞実行委員会、後援:株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、ProFuture株式会社)を受賞しました。(2015年6月)

関連リンク

雇用・人材への取り組み方針

グループビジョンの実現に向けて、三越伊勢丹グループで働く従業員が持てる力を最大限に引き出し、伸ばしていける体制づくりに取り組んでいます。

【グループビジョンに実現に向けた、中長期にめざす姿】 グループビジョンを実現するための従業員のあるべき状態 従業員一人ひとりが個人として尊重され、三越伊勢丹グループで働くことに夢と誇りを感じている状態/【グループビジョンを実現するために求められる人材像】 「おもてなしの心と高い専門知識をもって、お客さまのご期待に感動レベルで応えることができる人材」「新しいことの創造・あるいは既存のやり方の変革に、世の中に広く目を向けながら、自らの判断でスピードをもってチャレンジし、企業の成長に貢献できる人材」「チームのメンバーの育成・成長に積極的に取り組み、チームのモチベーションを上げていける人材」

このページの先頭へ