CSR

人権(雇用人材)

三越伊勢丹グループでは、職場の環境整備と生産性向上のための重要な課題の一つとして「ハラスメントの防止」に取り組んでいます。

グループ従業員教育の徹底と体制整備

ストップ・ハラスメントの冊子ストップ・ハラスメントの冊子

三越伊勢丹グループでは、グループ各社で働くすべての従業員に対してハラスメントについて記載した冊子「ストップ・ハラスメント」を配付しているほか、各種社内研修時にハラスメント防止カリキュラムを実施し、「しない・させない・みすごさない」をスローガンにハラスメント防止の徹底を図っています。特に管理職・マネージャー職に対してはEラーニングを実施し、指導とパワー・ハラスメントの違いや、ハラスメントとメンタルヘルス不全との関係など、管理者に求められる知識を習得させ、マネジメント上の問題についてサポートしています。
また、外部カウンセラーが相談を受け付ける「ハラスメント・ホットライン」を開設するとともに、労使による「ハラスメント防止対策委員会」を設置し、万一ハラスメントが発生した場合にも、公正かつ迅速に問題解決ができる体制を整えています。

人権教育の実施

三越伊勢丹グループは「倫理行動基準」のACT4で、一人ひとりが正しい知識やフェアであることを尊ぶ精神を持ち、人権意識の向上に努めることで信頼の絆で結ばれた人間関係を築いていくことを定めており、誰もが安心して働くためにも、すべての従業員が人権について正しく認識することが大切であるという考えのもと、新入社員、新任マネージャー研修などで、継続的に人権教育を実施しています。

  • 実際に人権被害をうけた人々の声を事例に、人権意識についてわかりやすく説明 実際に人権被害をうけた人々の声を事例に、人権意識についてわかりやすく説明
  • 人権啓発推進DVD 視聴の様子 人権啓発推進DVD 視聴の様子

このページの先頭へ