CSR

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

三越伊勢丹グループはお客さま・従業員・株主・取り組み先・地域社会といったステークホルダーと良好な関係を構築するとともに、株主総会、取締役会、監査役会、会計監査人等、法律上の機能制度を整備・強化し、経営機構改革と併せて、コーポレート・ガバナンス改革を推進しています。 また、企業の社会的責任を果たすという観点から、企業活動の透明性を高めるとともにコンプライアンス経営に徹し、当社グループに関わるすべてのステークホルダーの皆さまに対して提供すべき様々な価値の創造に努めてまいります。ステークホルダーの皆さまから信頼される企業グループをめざし、経営の意思決定の迅速化、経営監督機能の強化、内部統制システムの充実などに、継続的に取り組んでいきます。

ガバナンス報告書についてはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

会社の機関および内部統制システムの整備状況

三越伊勢丹ホールディングスは監査役会設置会社の形態をとり、取締役会の諮問機関として社外取締役を中心に構成される指名報酬委員会を創設し、ガバナンスの透明性を確立しています。さらに執行役員制度を採用し、業務執行の効率化・責任の明確化を図るとともに意思決定の迅速化を図るため、経営戦略会議を原則週1回開催しています。この会議では、グループにおける経営資源の適切な配分と事業計画の立案と推進を行います。

財務報告に係る内部統制

適正な財務報告を確保するための全社的な方針や手続きを示した上、必要な組織、ルール等を整備し、適切な運用を図るとともに、重要な事項に誤りが発生することを防止する体制を整えています。独立的な評価部門として「内部監査室」を設置しています。さらに、業務活動のモニタリング結果の報告を受け、内部統制上の問題が発見された場合は必要な是正措置をとっています。
事業年度期末日を基準日とした評価は、財務報告の信頼性に及ぼす重要性から必要な範囲を決定し、「全社的な内部統制」および「業務プロセスに係る内部統制」の評価を一般に公正妥当と見られる評価の基準に準拠し実施しました。その結果、当社の財務報告に係る内部統制は有効であると判断しました。
独立監査法人からも財務報告に係る内部統制の評価結果について、適正であるとの意見表明を受けました。

このページの先頭へ

コーポレート・ガバナンス体制および内部統制のしくみ

組織図
内部統制システム構築の基本方針についてはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ