CSR

環境への取り組み: 環境活動目標と実績

2013年度 三越伊勢丹 環境活動目標と実績

目 標 2012年度目標 2012年度実績 評価
環境配慮商品の取り組み 「環境商品基準」に基づいた商品の開発、品揃えの拡大 三越グリーンギフトの展開・グローバルグリーン、日本橋本店クールビズファッションショーやふろしき展などを通じたライフスタイルの提案
商品・サービスの品質管理と正しい表示の徹底 環境配慮商品・サービスに関わる品質管理と正しい表示を実施
環境コミュニケーションの推進 環境保全活動(植林・都市緑化・生物多様性保全など)への支援 チャリティキャンペーンによる環境保全活動・生物多様性保全への支援を継続実施
高尾の森づくり植林活動にボランティア参加
環境イベント実施・地域社会との交流 三越銀座店で、親子で楽しめる環境イベントを開催。
環境省のあかり未来計画プロジェクトに賛同し、エコプロダクツ展でパネル等展示、新宿区など店舗所在地の環境イベントに参加し、小学校でふろしき教室等を実施。
包装材の削減 スマートラッピングの推進 店内放送・ポスター、販売員の声がけによるお客さまへの協力依頼と推進
容器包装全体の使用重量 前年比1.5%増加 ×
レジ袋等の使用削減と減量化 レジ袋使用枚数▲2.3%削減
手付袋の二重使い抑制など包装材を削減するための全社周知・全社運動を実施
ショッピングバッグの販売・普及促進 マイバッグ販売枚数13,855枚 前年比246%
2012年5月から伊勢丹ショッピングバッグのデザインを一新したことで、販売量が増加
日本百貨店協会「スマート・クール・バッグ」の販売
省エネルギーの推進 エネルギー消費量 ⇒ 2010年度比 ▲5%(原単位 延床×営業時間) 2010年度比 ▲16.3%(966.8MJ/千㎡・h)
空調温度の緩和 5~9月の夏期約5ヶ月間空調温度の緩和を全店で実施
11~3月のウォームビズの取り組みを全店で実施
水道使用量 ⇒ 前年維持 前年比 +5.7%
(0.76?/千㎡・h)
×
省資源の推進 OA用紙使用量 ⇒ 前年比▲1% 前年比 ▲1.4% (358トン)
廃棄物の削減と
リサイクルの推進
廃棄物最終処分量 ⇒ 前年維持 前年比 +12.7% (3,908トン)
首都圏4店舗の食品リサイクル施設が一時期稼動を停止したこと等で、焼却量増加
×
廃棄物リサイクル率 ⇒ 80% 廃棄物リサイクル率 76.1%
(前年差 ▲3.1ポイント)
×
食品リサイクル率 ⇒ 70% 食品リサイクル率 69.6% ×

このページの先頭へ

2013年度 三越伊勢丹 環境活動目標

目 標 2013年度目標
環境配慮商品の取り組み 「環境商品基準」に基づいた商品の開発、品揃えの拡大
商品・サービスの品質管理と正しい表示の徹底
環境コミュニケーションの推進 環境保全活動(植林・都市緑化・生物多様性保全など)への支援
環境イベント実施・地域社会との交流
包装材の削減 スマートラッピングの推進
レジ袋等の使用削減と減量化
ショッピングバッグの販売・普及促進
省エネルギーの推進 エネルギー消費量 ⇒ 2010年度比 ▲5%(原単位 延床×営業時間)
空調温度の緩和
水道使用量 ⇒ 前年維持
省資源の推進 OA用紙使用量 ⇒ 前年比▲1%
廃棄物の削減とリサイクルの推進 廃棄物最終処分量 ⇒ 5%削減
廃棄物リサイクル率 ⇒ 80%
食品リサイクル率 ⇒ 70%

このページの先頭へ