企業情報

三越伊勢丹グループ企業理念

グループスローガン

向きあって、その先へ。

グループスローガンは、「グループ企業理念」全体を端的に表現したものであり、
向きあうことで、世界随一の小売サービス業であり続けようとするグループとしての宣言です。
『向きあって、』は、「グループの姿勢」、グループとして変わることのない意思と価値観を表しています。『その先へ。』には、「グループビジョン」、めざすべき未来であり、進化の方向であり、
価値創造の目標という意味が込められています。

グループの姿勢

真摯に、しなやかに、力強く、向きあいます。

  • お客さま一人ひとりと向きあいます。ご要望とご期待に感動レベルのおもてなしでお応えします。
  • パートナーの皆さまと向きあいます。顧客満足を合言葉に、最良の関係を築きます。
  • 仲間たちと向きあいます。学びあい、磨き合い、新たな価値を創造します。
  • 地域、社会、地球と向きあいます。 ありたい未来の実現に向けて貢献します。
  • 株主の皆さまと向きあいます。 公正透明な経営を基盤に、誠意と成果でお応えします。
  • 将来にわたり、かけがえのない信頼関係を築いていきます。

さまざまな人々の知恵や力に支えられて、私たちの今日があります。私たちを取り巻く社会・環境が大きく変化する今、お客さま満足の最大化を実現するには、さまざまな関係者の皆さま(ステークホルダー)との結びつきが、より一層、重要になります。 私たち一人ひとりがそれぞれのステークホルダーと「向きあう」ことにより、未来へつながるかけがえのない信頼関係を築いていきたい、という意思を表明したものです。

「向きあう」姿勢は、“真正面から”かつ“誠実”“真面目”という点での「真摯に」。お客さま一人ひとりのご要望の違いや社会環境の変化、時代のニーズの変化に適応する“柔軟さ”という点での「しなやかに」。どんなに困難であっても、新たな価値の創造を追求し、チャレンジし続けるという“たくましさ”という点での「力強く」の3つの姿勢を求めています。

グループビジョン

「常に上質であたらしいライフスタイルを創造し、お客さまの生活の中のさまざまなシーンでお役に立つことを通じて、お客さま一人ひとりにとっての生涯にわたるマイデパートメントストアとなり、高収益で成長し続ける世界随一の小売サービス業グループ」となる。

三越伊勢丹グループがめざす方向、目標とする企業(グループ)像を端的に表現しています。
三越伊勢丹グループの存在意義は、販売を通じてお客さまのご要望を把握し、次の品揃えやサービスに反映させ、新たな顧客価値を創造し続けることにほかなりません。
私たちは、「品揃え」と「環境・空間を含むサービス」を組み合わせ、「品質」と「鮮度」の両軸において、圧倒的に高い水準で提供することで、お客さまに満足・感動していただき、お客さまにとって「なくてはならない存在」となることをめざします。これからもお客さまとの接点における「経験」を通じて信頼関係を深めていくという変わらぬ決意でもあります。

シンボルマーク

シンボルマーク

伊勢丹・三越の頭文字「I」と「M」をモチーフにしながら「向きあう」を表現した、会社のシンボルマークです。3人の人が肩を組んでいるようにも見える「I」と「M」に、お客さま、仲間たち、 パートナー、株主、そして社会・地域と、真摯に、しなやかに、力強く向きあう従業員の姿を託しました。 正方形と長方形を組み合わせたシンプルかつ普遍的な形状によって、「向きあう」ことの意味性と同時に、これまでの小売サービス業にない上質感、独自性を表現しています。 コーポレートカラーは黒と金。強い意志の表明である「黒」と、日本の伝統色である「金」を合わせることで、両社に固有の伝統・文化と高い信頼性を醸し出しています。形、色ともに、世界に、未来に羽ばたくための、私たちの原点の象徴となっています。

企業理念 英文・中文版