企業情報

丸井今井のあゆみ(〜2007年度)

屋号

店祖今井藤七が、1872(明治5)年5月に創成川畔で雑貨商を開店した後、1874(明治7)年5月、南一条西一丁目に呉服店を開業したときに、初めて井の屋号が掲げられました。当時、屋号は大体○(マル) か□(カク)が多く、○(マル)のもつ意味は、円満・和合のほかに太陽や宇宙のような広大無辺の意味も含まれました。藤七は、○(マル)は店の今井を取り巻くお客さまの輪であって、○(マル)のなかの「井」は今井の「井」であるとともに、井戸水のこんこんと湧き出るような発展をあわせて念願したのです。

ロゴマーク

1. 丸井今井のイニシャル「M」
2. 百貨店のサービスの心「リボン」
3. 販売戦略イメージ(若々しさ・ファッション性・都会性)

イニシャルの「M」は親しみやすさを表現するため、小文字の「m」にも見えるようにデザインされている。百貨店の原点ともいえるサービスの「心」をリボンで象徴し、若さ・ファッション性・都会性といった感覚をストライプとウェーブで、また企業としての信頼性・成長性をピラミッド型の安定感で表現しています。コーポレートカラーは、CIの基本コンセプトを最も強く表現できる赤をイメージカラーとしています。

歴史

1872(明治5)年 丸井今井創業の祖今井藤七、創成橋傍らに小間物商を開業(丸井今井創業)
1874(明治7)年 南1条西1丁目南西角に井 今井呉服店を開店
1879(明治12)年 正札販売を始める
1888(明治21)年

南1条西2丁目ヘ井 今井呉服店より井今井洋物店を分離開店

南1条西1丁目 今井呉服店
南1条西1丁目 今井呉服店
1916(大正5)年 井今井百貨店開店(3階建て)
1919(大正8)年 (株)今井商店設立
1937(昭和12)年

7階建てに増築し、屋上に航空灯台を設置

本店竣工
1950(昭和25)年 (株)丸井今井に商号変更
1953(昭和28)年 札幌本店に「ニュース劇場」が完成
1955(昭和30)年

北海道初のエスカレーターを設置

エスカレーターを設置
1963(昭和38)年 アップダウンエスカレーター「グリーンセブン」を設置
1971(昭和46)年 配送センター(現事務センター)完成
1974(昭和49)年 丸井マルサ(旧大通別館)オープン(2014.8閉館)
1975(昭和50)年 大通館オープン
1979(昭和54)年 POSシステム導入
1985(昭和60)年

エスカレーターを設置
札幌本店リモデルオープン(米国小売業協会主催の「店舗デザインコンテスト」で優秀賞受賞)

クレオクラブスタート
現在のロゴマークが誕生

1990(平成2)年 丸井パークタワー完成
2002(平成14)年 南館オープン
2005(平成17)年 (株)丸井今井と(株)北海道丸井今井に会社分割
2007(平成19)年 「きたキッチン」、「マルイメンズ」、「マルイフーズ」オープン
2009(平成21)年 三越伊勢丹ホールディングスの連結子会社化
(株)札幌丸井今井、(株)函館丸井今井として事業開始